search

初心者必見!奥深いシンカー(オモリ)の種類・選び方をご紹介

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。 10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに…

今回はシンカー(オモリ)についてご紹介致します。
エサ釣りでもルアーフィッシングでも多用されているシンカーは形、サイズなどが大きく異なっています。
それ故、使い方を理解していないと釣れる魚も釣れなくなるかも知れません。
今回の記事を参考に、幅広いシンカーの種類、使い方を覚えて、よりエキスパートな釣りを展開していきましょう!

目次

  1. シンカー(オモリ)とは?
  2. シンカーの重さの表記(オンス)の見方
  3. シンカーの種類と使い方を紹介
  4. シンカーの素材を使い分ける
  5. 私のお勧めシンカー3選
  6. シンカーは自然に残りやすいです。
  7. まとめ

シンカー(オモリ)とは?


重りの事を釣り用語でシンカーと呼びます。
このシンカーはルアーやエサを沈めるためにあります。

沈めることによって、水流に流されないようにするための重しの役割や、ワームやルアーに重りの比重を加えて、動きに変化を与える役割もあります。

シンカーには様々な形があり、それぞれ使いどころが異なっています。
今回はシンカーの種類や、特徴、重さの表記の見方などをご紹介させて頂きます。
初めて釣りをされる方にも参考にして頂けるようにご紹介していきますので宜しくお願いします!

シンカーの重さの表記(オンス)の見方

初めて買う場合、まずはシンカーの重さの表記を理解することが大切です。
シンカーはグラムで表記されているものとオンスという表記の2種類が存在します。
グラムで表記されていれば問題ありませんが、オンスと表記されているものは、何グラムなのかを理解できるようにする必要があります。

上の画像のようにオンスは表記されますが、初めて見た状態だと訳が分かりませんね。
オンスの表記の見方をご説明しますと、まずは1オンスは約28グラムと覚えて下さい。
画像のように/が入っている数字は分数のように見て下さい
1/2オンスですと、1(28)÷2=14グラムとなります。
ですので写真の3/8オンス表記の見方は3(28×3)÷8=10.5グラムとなります。
慣れてくると表記で分かりますが、最初のうちはこのように計算して表記のサイズを理解して頂ければ問題ないです。

シンカーの重さを選ぶ基準は?


シンカーの重さの表記の説明をさせて頂きましたが、どの重さを選べば良いのか?
これが一番気になりますよね。
シンカー選びのポイントは目的の深さに届くかどうかです。
届くといっても、ただ単に沈めるだけなら、どんな重さでもいずれは沈んで着きますが、大事なのは沈んだことが明確に分かる重さです。
しっかりとズシって重みが乗るぐらいが1番理想的です。
この理想形に合わせて重さを選んでいただくのが正解だと思います。
この正解の重さは魚種によって様々です。
例えば、ルアーフィッシングに使用されるシンカーは1グラム~50グラム程度ですが、海釣りになると300グラム以上のシンカーを使用する場合もありますので、初めての場合は、釣具屋の店員さんに何釣りをどこで何を使って行うかを話ししてシンカー選びを手伝って頂きましょう。
そこから、経験値が増えて自分で使いやすいシンカーを選べるようになりますよ。

シンカーの種類と使い方を紹介

ガン玉

シンカーの種類特徴使われることの多い釣り
ガン玉ラインに挟み込んで使い初心者におすすめエサ釣り、ルアーフィッシング
バレットシンカー障害物に非常に強いルアーフィッシング(海、淡水)
ダウンショットシンカールアーを浮かせた状態で誘うことが出来て低水温時におすすめルアーフィッシング(淡水)
ミサイルシンカーワームに差し込んで使うルアーフィッシング(淡水)
板オモリルアーやフックに貼り付けて使うルアーフィッシング(海、淡水)
練オモリラインに挟み込んで使うエサ釣り

エサ釣りから、ルアー釣りにまで幅広く使用されているシンカーです。
水流に流されないようにするためや軽いエサを沈めるために用いります。

ガン玉の付け方、使い方


ラインに噛ませて使います。
写真のように、ガン玉の口が開いている部分をラインに当てて、指やペンチなどで挟み込みます。
強く挟み込み過ぎると、ラインを傷つけてしまうので、ラインから動かない程度に挟み込んであげれば問題ありません。

バレットシンカー


底を狙う際に用いられるシンカーです。
円錐型の形が特徴で障害物に強いです。
ルアーフィッシングに使用されています。

バレットシンカーの付け方、使い方


ラインに通して使います。
先が尖った部分から中にラインを通してあげて円錐の平たい部分から引き出します。

ダウンショットシンカー

元々は海釣りの仕掛けが起源でルアーフィッシング用に改良されたシンカーです
ワームより下にシンカーが来るため、ワームを浮かせた状態で誘うことが出来ます。
シンカーが引っかかっても、ワームだけ回収できるのもこのシンカーの良さです。

ダウンショットシンカーの付け方、使い方

ラインに引っ掛けてつかいます。
ワームをくくる際に切り捨てるラインを多く残します。

切り捨てる側のラインを針穴に上から下に通した状態で先を結びます。
この結んだ結びこぶをシンカーの金具部分に引っ掛けて完成です。

ミサイルシンカー


底を狙うルアーフィッシングに用いられます。
ワームの重心を一点に集めるため、生命感のある動きを出すことが出来ます。
ワームに差し込んで使うために、消耗が激しいです。

ミサイルシンカーの付け方、使い方


ワームの先端に差し込んで使います。
ワームの頭部分にまっすぐ差し込みます。
この時に、少しだけミサイルシンカーを出した状態にしてあげることで、感度が良くなります。

板オモリ


画像Amazon引用
ルアーに重量を追加し、浮力を調整するために用いります。
ルアーに直接貼り付けたり、フックに巻き付けたりして使用します
海でも、淡水でも多く使用されています。

板オモリの付け方、使い方

先程も説明したように、ルアーや針に付けます。
基本的にはルアーの背中部分や下腹部分に使用されることが多く、フックには1~2回巻き付けて使用します。

練オモリ


画像Amazon引用

主に、エサ釣りで活用されることが多く、細かい重り調整をする際に用いられます。
ガン玉とは違い、自分で微量の調整が出来ることが練り重りの長所です。

練重りの付け方、使い方

適度なサイズでちぎって、ラインを挟み込むようにして付けます。
指で練って外れてこないようにしてあげましょう。
以上がシンカー別の特徴と使い方です。
それぞれ異なっていますので是非、ご参考下さい。

シンカーの素材を使い分ける

次は素材です。
シンカーには鉛や鈴、タングステンなど多くの素材があります。
素材別に特徴が異なっていますので、使い分ける参考としてご紹介させて頂きます。

素材の種類

タングステン


最近ではほとんどのシンカーの素材はこのタングステンが主流となっています。
大きな特徴が比重の高さと硬度の高さです。
タングステンはレアメタルという素材が使われており、他の素材よりもはるかに硬く、重いです。
この比重の高さと高度の高さのおかげで、非常に感度が高く、底を釣る際に用いるシンカー全般に向いているシンカーです。
このため同じ重さでも、タングステンは小さく作ることが出来ます。
また、水中に溶け出しにくく、環境にも優しいのが特徴です。
デメリットと申し上げるならば、硬すぎて加工が難しく、特殊な技術を要するために、高額な所です。

シンカーの種類特徴価格
タングステン高度と比重が非常に高く、感度が優れている非常に高額
力強いフッキングが出来る柔らかく、壊れやすい
分解されやすく、環境に優しい比重が軽い
分解されやすく、環境に優しい錆びるため、耐久力は非常に低い


シンカーの素材として最も一般的なのがこの鉛です。
柔らかく、加工がしやすいため、安価で取引されています。
融点が低いので、自作のシンカー作りの素材にも使われています。
シンカーとしても申し分ない素材なのですが、柔らかい素材のために岩場やコンクリートなどに当て続けることで変形してしまい、壊れやすいです。


鉛よりは比重が軽く、鉄よりは重い素材です。
分解されやすいため、環境に優しいです。

鉄素材の商品を持ち合わせていないために、画像がありませんがご了承ください。
用いられることの少ない素材ですが、バス釣りようや海用で非常に安価で販売されています。
何故、用いられることが少ないかと言いますと、錆びるからです。
釣りに使われるにはあまり適さない素材ですが、錆びるということは、分解されやすいというということでもあります。
初心者にはお勧めかも知れません。

以上が素材別の特徴です。
次に、この多くの素材は何を基準に選べば良いかご説明します。

シンカーの素材をどう使い分けるの?

シンカー素材の使い分けのポイントはポイント、狙う層です。
先程ご説明させて頂いたように、タングステンが比重が高く、重いです。
ですのでタングステンは深い場所を狙う際や、浮草を突き破って狙う際に役立ちます。
鈴や鉄などはタングステンと比べると軽く、鉛が大きくなってしまいます。
ですので、沈むスピードが遅く、抵抗が大きいということですので、水中を漂わせるような釣りに向いています
このように重い素材は深い場所、軽い素材は浅い場所などと狙う層に応じてシンカーの素材を考えれば良いです。

私のお勧めシンカー3選

では私が実際に使っているシンカーでこれは良いな!って商品をご紹介します。
是非、初めてシンカーを購入する際にはご参考下さい。

①ZAPPU/ザップ SUPER SURINUKE/スーパーすりぬけ


こちらの商品はタングステン素材のバレットシンカーです。
とにかく引っかかりにくいのが特徴です!
岩場やコンクリート、テトラポットの隙間に入れても帰ってきますので非常におすすめです。
また、こちらはベージュ色にコーティングされていて、金属部分が見えないため、魚にも違和感なく口を使わせることが出来ます。
画像Amazon引用

②ACTIVE(アクティブ) 鉛シール 1.0mm


こちらの商品は鉛素材の板オモリです。
裏面にシールが付いており、購入後そのままルアーに貼り付けて使うことが出来ます。
板オモリは浮力調整に使うために、狙った状態になるまでに細かく切ったり、付け直したりしますので消耗が激しいです。
タングステンが練りこまれている板オモリもありますが、少量しか入っていなくて高額です。
板オモリに関しては、鉛素材のものを購入してガンガン付けて外して頂いたほうが釣果に繋がりますので、安価で大容量のこの商品は非常におすすめです。
画像Amazon引用

③ACTIVE/アクティブ MSトーナメント/ミサイルシンカートーナメント タングステン


こちらは主にバスフィッシングに用いられるミサイルシンカーです。
タングステン素材を使用しており高比重のシンカーです。
こちらは公式のトーナメントでも使用されているもので、細かく重さのラインナップが揃っているのであと少しだけ軽いのが欲しい時に役立ちます。
環境にも優しいのでお勧めです。

画像Amazon引用

シンカーは自然に残りやすいです。


これまで説明させて頂いたように、シンカーは金属で出来ています。
多少の自然分解成分も含まれている物もありますが、完全分解するまでに20年以上かかります。
シンカーも小さいながら、自然のゴミになりますので、なるべくは引っ掛けて水中に無くさないように糸を強くしたり、用途に合ったシンカー選定を行ってください。
今回詳しくご説明させて頂いたのも、最終的には誤った使い方をし、水中にごみとして残さない方法としてもご紹介させて頂きました。
正しい知識を持って使っていると環境にも優しい行動が出来ますので今回の記事の内容を是非、ご参考下さい。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
奥深いシンカーの知識をご紹介させて頂きましたが、地域や環境によって独自の使い方を行うことでさらに釣果が上がります。
これから、基本を軸としてどんどん自分なりのシンカー選定を行っていただきたいです。
今回の記事を参考に、今まで以上に釣果が上がって頂ければ幸いです。

是非この記事を評価してください!

(0)

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。
10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに注いできた。
三重県を拠点とし、狩りを行うようにバスを釣る。

同じライターの記事

趣味・ホビーの人気記事

今人気の記事