search

誰でも簡単!天然石の手作りアクセサリー入門【元講師が教える】

元天然石アクセサリー講師

ひぐちまさみ

銀座で10年ほど天然石のアクセサリー教室を主宰していました。自然な輝きと温かみのある天然石を使って、若い方はもちろんどの世代にも抵抗なく身…

天然石の基礎知識や工具の使い方を盛り込んだ初心者向けのガイドです。天然石は自然な輝きを放ち温かみのある色合いと愛嬌のあるいびつな形を持つのが特徴。見ているだけ、触れるだけでも癒されます。アクセサリー作りの基本をマスターすれば自分好みにアレンジの幅は広がりますので、天然石でワンランク上のアクセサリー作りにチャレンジしてみませんか?

目次

  1. 天然石の基礎知識
  2. アクセサリーを作る前の準備
  3. 工具の使い方、基本の3ステップ
  4. いよいよ作成スタート!
  5. 自分流にアレンジするハンドメイドの楽しさ♪

天然石の基礎知識

天然石とは自然界で長い時間をかけられて作り出された石のことを言います。その中でもダイヤモンドやサファイアなどの高額な石を「貴石」、アメジストやクリスタルなどのお手頃価格の石を「半貴石」と呼びます。天然石の人気が高まるとともに、種類も増え、以前に比べ手に入りやすくなりました。

秘められたパワーをもつ天然石

パワーストーンという言葉を良く耳にしませんか?パワーストーンとは「貴石」と「半貴石」の両方を指す言葉です。天然石は古代から世界中の人々に幸運を運ぶ神秘の石として愛されてきました。文明の進歩した現代でもその影響力は大きく、男女や年齢に関係なく身に着ける方も多いと思います。天然石の種類は多く、恋愛に効果がある石や、健康に良いとされる石、仕事運をUPさせる石など、それぞれに秘められたパワーを持つとされているので、パワーストーンと呼ばれているのです。また、触れるだけ、見ているだけで癒しの効果をもたらしてくれるのも天然石の魅力ではないでしょうか。

誕生石を知ってハンドメイドをより楽しく

天然石はひとつひとつ深い意味や古代神話にまつわる意味をもつとされています。ここでは簡単に誕生月に合わせた誕生石をご紹介します。意味を知っていると、よりハンドメイドも楽しめるのではないでしょうか。

1月ガーネット 友情・忠実

2月アメジスト 誠実・高貴

3月アクアマリン 海での安全 幸運を呼ぶ・家庭円満

4月ダイヤモンド 変わらぬ愛・純愛

5月エメラルド 愛のパワーを増す・幸運・健康

6月パール 純潔・長寿

7月ルビー 情熱・美しさを輝かせる

8月ペリドット 和合・夫婦愛

9月サファイア 誠実・賢明

10月オパール 内面の美しさ

11月トパーズ 希望・友情

12月ターコイズ 邪悪なものから身を守る・成功

ハンドメイドで使う天然石にはどんなものがあるのか?

ハンドメイドで良く使う天然石は主に「半貴石」と呼ばれる天然石です。あまり高価すぎる天然石はハンドメイドには適していません。半貴石は数が多すぎて全てご紹介することは難しいので、良く使うものをいくつかご紹介します。自分のピンときたものでアクセサリーを使うのが一番です!

ガーネット

1月の誕生石。濃厚な紅色から別名ザクロ石とも言われている。持ち主に変わらぬ愛情を示し、忠実さや貞節を守る力がある。

コーラル(珊瑚)

色は赤・白・ピンクがある。
『海の宝石』と称される。健康のお守り

水晶

4月の誕生石。すべてを清め調和させてくれるオールマイティな石。

淡水パール

6月の誕生石。月の雫が海に落ちて生まれたとも言われている。古代、粉にして飲むと不老長寿を保つと信じられていたため健康のお守りともされている。また、恋愛運に効くとも言われている。ハンドメイドで使うパールとは淡水パールの事を指します。本真珠は高価すぎて使いません。

ペリドッド

8月の誕生石。オリーブを思わせる緑色。災いをはねのけるパワーがある。また、体のバランスを整え、内面的に美しく輝ける効果がるとされる。

トパーズ

黄色の他にも、青、シンク、茶などの色がある。黄色い石は『黄金の石』と言われ金運に縁があるとされる。

ターコイズ

12月の誕生石。トルコ石とも言われる。旅の安全を守る石とされ、人からプレゼントされると効果がUP!

人工的に作られた「天然ではないもの」を間違えやすい状態で販売している場合もあります。注意しましょう!

知っておきたい!ハンドメイドで使う天然石の形や大きさ

ハンドメイドで使う天然石の大きさは、小さいものでは2mmからあり大きいものでは1cm、2cmと様々なものがあります。主にビーズのように穴が貫通しているものを使って作ります。(作品によっては貫通してない1穴のものを使うこともあります)こちらも、最近では様々な形が販売されるようになってきたので、一粒で使用しても存在感がある石を中心にいくつかの形をご紹介します。

まる(ラウンド)

まんまるの形。優しい印象になります。大きさを変えてグラデーションになる様に連にして、ネックレスを作るのも可愛いです。

オーバル

コロンとした楕円形です。一粒でネックレスにするのはもちろん、まる型と組み合わせてネックレスやブレスレットにするのも素敵です。

しずく

しずくの様なとんがり頭をした形です。可憐なイメージをもつので、一粒ネックレスにするのも可愛いですが、ピアスやイヤリングにして耳元で揺れるのもお薦めです。

キューブ

四角い形。シャープな印象になります。連にしてネックレスやブレスレットにしてもかっこいいです。

ライス

お米の様な形。細いものもぷっくりしたものもあります。しわがあるのが特徴でその凹凸に光が反射して自然な輝きを放ちます。2連3連にしてネックレスやブレスレットにするのもお薦めです。

ポテト

その名の通り、じゃがいも型です。真ん丸じゃないのが愛嬌があって好きです。同じ形はないので、お気に入りの一粒を見つけたら、ぜひ一粒ネックレスを作ってください。

コイン

コインの形。一粒で使うのももちろん素敵ですが、花びらに見立ててお花モチーフを作ると可愛いです。印象的なブローチやリングが出来ます。

アクセサリーを作る前の準備

ハンドメイドを始める前には天然石以外にも工具や材料を揃えなければいけません。色々と買い揃えなければと意気込みすぎて面倒臭くなってしまったり、結局は使わないものを買ってしまったりしたら残念ですので、最初は最小限のものを揃えればいいと思います。慣れてきたら、いろいろ取り入れて楽しんでみてください。

基本的な工具とは?何を揃えればいいの?

はじめてのアクセサリー作りで、これだけはあった方が良いものをご紹介します。
この4本があれば、たいていの作業ができます。

ニッパー・・・ 様々なものをカットするのに使う。消耗品なので刃先があまりにもボロボロになってきたら、買い替えが必要です。

平ヤットコ・・・ 開閉作業やつぶす作業をする時に使う。大小と2本あると便利です。半永久的使えます。

まるめヤットコ・・・ 片方が細長い円錐形で片方に溝がある工具。 半永久的に使えます。「まるめ」を美しくつくることができます。

あと必要なものは、作業マットです。
天然石がコロコロと転がってしまうのを防ぐためもありますが、テーブルが傷ついたり汚れたりするのも防いでくれますので、あった方が良いと思います。フェルト地のものが販売されていますが、ハンドタオルなどで代用するのもありだと思います。

よく使う材料は知っておこう!

天然石以外で必要になるのは金具です。最近では、アクセサリーのパーツ屋さんや手芸屋さんでも種類も増え、デザイン性に富んだ素敵な金具がたくさんあり簡単に手に入ります。

大きさも色も様々な物がありますが、デザインにあったものを選びましょう。
一度に全てをご紹介することが出来ないので、今回の作品で使うものを中心にご紹介します。

Tピン、9ピン

太さ(線径といいます)に注意が必要です。使う石の穴の大きさにもよるので、ぴったり合うものを使うようにましょう。天然石の穴はビーズに比べ小さいので0.5mmが丁度よいです。細すぎるのも太すぎるのもNGです。

Cカン

パーツとパーツを繋ぎ合わせるのに使います。Cの形をした楕円形です。
同じ機能のもので、まん丸の形をした『マルカン』というのもあります。

引き輪・ナスカン・だるま板

ネックレスやブレスレットの留め金具です。引き輪(ナスカン)とだるま板を対で使います。留め具は様々な種類がありますが、今回ご紹介するのは一番簡単な基本形です。

チェーン

細いのから太いのまで、またシンプルなものやデザイン性のあるものとたくさんの種類があります。デザインに関わる重要なパーツですので、好みのものを選びましょう。10cm単位で量り売りしている場合が多いので、必要な長さを購入できます。

工具の使い方、基本の3ステップ

さて、ここから実際に工具に触れてやってみましょう!まずは、簡単な3つのテクニックの習得を目指します。

STEP1『切る』

ニッパーを使ってカットする。これは簡単ですね!
切る時は何でもかんでもニッパーを使います。

STEP2『開閉』

利き手に平ヤットコを持ってCカンなどを開いたり閉じたりする作業です。

小さいパーツを扱う場合は反対の手にも平ヤットコを持つとやりやすいです。
ですので、私は大小2種類の平ヤットコを使い分けています。
必ず、前後の動きで開閉してください。形が崩れるので、左右に広げるのはNGです!

STEP3『まるめる』

このテクニックはちょっと難しいですが、何度か練習すると上手にできるようになりますので、頑張ってみてくださいね。まるめのテクニックを習得すると、ハンドメイドの幅は断然広がります。必ず習得したいテクニックですよ。

①Tピンに天然石を通し、石から出てる部分が6~7mmになるようにカットする。

②まるめヤットコを持つ(↓画像の様に持ってくださいね)

③まるめヤットコを持った方の手の手首をくるっと外側に返して、①のピンの先端をギュッとつかむ

④まるめヤットコの円錐にピンを巻き付けるようにしながら、返した手首を戻していく

⑤隙間ができないようにしっかり閉じます。『まるめパーツ』完成!

いよいよ作成スタート!

3つのテクニックが習得できたので、ネックレスを作ってみましょう♪
今回は『まるめ』のテクニックを使って『ゆらゆら揺れる淡水パールのネックレス』作りにチャレンジです!

レッスン1 デザインを考え天然石を決める

まず、作りたいものを決めてそれに合わせた天然石を選びます。この天然石を選ぶ作業が一番楽しい作業です♪どんな色の石にしようかな?とか、大きさはどうしようかな?とか、同じ石でも微妙に色合いや形が異なりますので、お気に入りの石を見つける作業はワクワクしますよ!
今回は大粒の淡水パールを使って一粒ネックレスを作りましょう。

レッスン2 必要な材料を揃える

今回の作品で使う材料です。
どれも簡単に手に入るものですし、他の作品を作る時にも良く使うものです。

※チェーンは自分の作りた長さのー2cmの長さにカットする。(金具部分が2cm程あるので・・・)太さは今回は細めのものを用意して下さい。(1mm程度のものを選ぶ。)

レッスン3 天然石でパーツを作る

STEP3で練習したように、淡水パールの『まるめパーツ』を作ってみましょう。
口がしっかり閉じていることが大切ですよ!

レッスン4 つなぎ合わせる

さて、まるめパーツが出来上がったので、あとはそれぞれのパーツを繋いでいく作業です。

①平ヤットコでCカンを開き、チェーンの端と引き輪を引っ掛けてしっかり閉じる。Cカンの口は前後の動きで開閉するように!左右に広げては駄目ですよ。

②反対端のチェーンから『淡水パールのまるめパーツ』を通す。

③平ヤットコでもう1個のCカンを開き、もう一方のチェーンの端とだるま板を引っ掛ける。

④Cカンをしっかり閉じる

⑤ゆらゆら揺れる淡水パールのネッツクレスが完成!

自分流にアレンジするハンドメイドの楽しさ♪

今回は簡単なテクニックだけで『ゆらゆら揺れる淡水パールのネックレス』を作りました。いかがでしたか?
この「ゆらゆら揺れる一粒ネックレス」は必ず一番最初のレッスンで作ります。これひとつで基本のテクニックが習得できるという理由はもちろんありますが、簡単なのにチープに見えない『使えるアクセ』だからです。初めてでもこんなに素敵なものが出来るんだ!と実感できますよ!
完成した作品を手にしながら『こんな簡単に作れるなんて嬉しい~♪』と、子供の様にキラキラした目をした生徒さんの姿が見れるのは、講師にとって一番嬉しい瞬間です。


『まるめ』が肝です。ちょっと苦手だと思う方もいるかもしれませんが、口がしっかり閉じていれば大丈夫!少しいびつな形でもご愛敬です。いくつか作品を作っていくうちに、きれいに出来るようになりますので、一度であきらめちゃだめですよ!
『まるめ』パーツを使ってアレンジを楽しんでみてください♪

チェーンの長さを変えてみよう!

チェーンの長さを変えてロングネックレスにするだけで印象も変わります。また、チェーンを短くするとブレスレットやアンクレットにすることも出来ます。
あとは、星型やら十字架やら可愛らしいパーツが色々ありますので、Cカンを使って一緒にぶら下げるのも素敵ですよ。

天然石を変えてみよう!

天然石を変えるだけで、また違った印象のネックレスになります。
自分の好きな天然石で作ってみましょう♪

こんなアレンジもあります!

イヤリング金具やピアス金具もいろいろなものが売っています。アレンジの幅は無限大です。オリジナルのアクセサリーを作り、お友達に自慢しちゃいましょう♪

ものを作り上げるということは達成感や満足感で心が満たされます。そして、温かみのある天然石を見て手に取って選ぶという作業だけでも癒しの時間となり、心も穏やかになります。ぜひ、ハンドメイドにチャレンジしてゆったりとした時間をお楽しみください♪

是非この記事を評価してください!

(1)

元天然石アクセサリー講師

ひぐちまさみ

銀座で10年ほど天然石のアクセサリー教室を主宰していました。自然な輝きと温かみのある天然石を使って、若い方はもちろんどの世代にも抵抗なく身に着けて頂けるように、そしてアクセサリー作りを楽しんで頂けるように、「シンプルさ」と「わかりやすさ」を心掛けてデザインしてきました。現在はひとつづつ心をこめてデザイン・制作・販売していくスタイルにシフトしたく準備中です。

2015コスチュームジュエリーアワード 入賞 / muR天然石アクセサリー製作者・指導者認定 2006年取得

同じライターの記事

手芸・ハンドクラフトの人気記事

今人気の記事