search

現地学生が教える!メキシコ旅行で役立つスペイン語!

東京都内の私立大学生/現在、メキシコに1年間留学中

Mashan

東京都内の私立大学に通う、大学3年生。大学では、英語やスペイン語といった言語、人とのコミュニケーション、異文化理解などを勉強し、現在はメキシ…

みなさんこんにちは、留学生ライターのMashanです。私は現在、中米のメキシコにて1年間の留学生活を送っています。今回は、初めてメキシコへ旅行する、または旅行を考えている方々へ、現地で過ごした経験をもとにスグに使えるスペイン語のフレーズを紹介します!

また、スペイン語の横に、カタカナで読み方を明記していますので、今まで全くスペイン語を学んだことがなくても大丈夫です!旅行用のフレーズをまとめたものですので、覚えておけば旅行で大活躍すること間違いないです!

目次

  1. 実は簡単?!覚えれば話せるスペイン語
  2. 頻繁に使うフレーズ
  3. 空港でのフレーズ
  4. 街中で使うフレーズ
  5. ホテルで使うフレーズ
  6. トラブルで困った際は・・・
  7. まとめ

実は簡単?!覚えれば話せるスペイン語

メキシコには綺麗な観光地が沢山あり、最近はメキシコへの観光客が増えてきていますが、その際に心配になってしまうのは、やはりスペイン語が話せるかどうかですよね。

メキシコは中米に位置しており、公用語はスペイン語です。英語を話せる現地の人もいますが、あまり多くはないです。なので、私がメキシコに住み始めたばかりの時は非常に苦労しましたが、今となっては現地の人と話す際に不自由なくコミュニケーションを取れるようになっています。

しかし、実を言いますと、スペイン語は本当に簡単な言語で、同じ言葉を頻繁に使います!そして、発音もカタカナ読みで問題無く通じます!なので、旅行するだけなら、ある程度簡単なフレーズさえ覚えてしまえば、もうペラペラも同然です! 今から、様々なケースで使えるスペイン語のフレーズをご紹介しますので、これからメキシコへの旅行を考えている方などは、是非読んでみてください!

頻繁に使うフレーズ

それでは今から、メキシコで絶対使うことになるであろう「挨拶」や「質問」などのフレーズを紹介していきます!

挨拶

恐らくみなさんが最も聞いたことのあるスペイン語は「Hola」(オラ)でしょう。このフレーズは、日本語に訳しますと「やあ」といった挨拶になりますが、正直な話をしますと、Holaさえ覚えていれば、基本大丈夫です!

勿論、朝昼夜それぞれの挨拶がスペイン語にも存在しています。

「おはようございます」・・・「Buenos Días」(ブエノス・ディアス)

「こんにちは」・・・「Buenas Tardes」(ブエナス・タルデス)

「こんばんは」・・・「Buenas Noches(ブエナス・ノーチェス)」

しかし、メキシコで住んでいて感じたことは、どれも「Hola」(オラ)で代用できます!夜でも使えますが、現地の人を見ていると、日が沈み始め出したら「Buenas Tardes」(ブエナス・タルデス)を使っているので、気になる方はこの2つを覚えておけば問題ないでしょう!

別れ際の挨拶は

そして、別れ際の挨拶は1つだけ覚えておけば大丈夫です! メキシコ人は皆さん気さくですので、基本的に「またね」にあたる、 「Hatsa Luego」(アスタ・ルエゴ)さえ覚えておけば、バッチリです。

覚えておくべき挨拶
「Hola」(オラ)・・・出会った時の挨拶
「Hatsa Luego」(アスタ・ルエゴ)・・・別れ際の挨拶

尋ねるフレーズ

続きまして、旅行で頻繁に使うことになるフレーズは、「OOは何ですか?」や「OOはどこですか?」などの尋ねる際の言葉ではないでしょうか。表現の仕方は沢山ありますが、最もベーシックで簡単なものを紹介します。

「OOは何ですか」

まず、買い物をしている際や食事中に、よくわからないものを見つけた際に、使えるフレーズが「¿Qué es eso?」(ケ・エス・エソ)です。これは「それは何ですか?」という意味になります。また、もしも現地の方に説明された時に分からない単語が出た際は、eso(エソ)の部分を、その単語に変えると、その言葉がどのような意味なのかを聞くこともできます。

「OOはどこですか」

次に、旅行で最も多く使うだろうフレーズは「OOはどこですか?」でしょう。スペイン語では、「¿Dónde está OO?」(ドンデ・エスタ・OO)になります。このOOの部分に、行きたい場所や観光地、お店の名前などを入れれば、完璧な質問になります!どんな状況でもこのフレーズは使えますので、覚えておくと良いでしょう。

また、場所を聞いた際に「右(左)にあるよ」「真っ直ぐ行くとあるよ」というように教えてくれると思いますので、場所を示す言葉も紹介しておきます!

右・・・「Derecha」(デレチャ)
左・・・「Izquierda」(イスキエルダ)
真っ直ぐ・・・「Derecho」(デレチョ)
※右と真っ直ぐが似ているので御気をつけ下さい!

お礼を言う

次に、多く使われるのは「ありがとう」のフレーズでしょう。メキシコの人々は、気前がよく明るい人が多いので、感謝のフレーズを覚えておけば、親しいコミュニケーションを取れるでしょう。「ありがとう」は、「Gracias」(グラシアス)になります。

また、ありがとうにもレベルがありまして、「本当にありがとう」と、大きな感謝を表現したい場合は、「Muchas Gracias」(ムーチャス・グラシアス)と伝えると良いでしょう!
伝える際は、笑顔で伝えるとより良いでしょう!

お礼をいう際は
「Gracias」(グラシアス)
笑顔を忘れずに!

返事をする

相槌

会話の際に、重要なことは相槌を打つことです。日本でも「うんうん」、「なるほど」など会話中に反応を取ると思います。スペイン語では、基本的に「Sí」(シィ)と言っておけば、「はい」、「ええ」といった意味になります。

日本では人と会話している際に、全く相槌をいれない方もいると思います。しかし、メキシコでは相槌をいれた方が、会話に参加している意思表示になりますので、反応することは大事です!

聞き返す時は

何を言っているかわからない、聞き取れなかった際は「¿Cómo?」(コモ)と聞くと、「何て言ったの?」という意味になります。他にも、メキシコならではの表現がありまして、「¿Mande?」(マンデ)と聞くと同じ意味になります。これはメキシコのみで使われる方言ですので、メキシコ人に対してこのフレーズを使うと親近感が湧いて親しく接してくれます。

会話の返答
相槌を打つ時は
「Sí」(シィ)

聞き返す時は
「¿Cómo?」(コモ)
もしくは
「¿Mande?」(マンデ)

謝るときは

旅行先では、謝らないといけない場面もあるかと思います。人にぶつかってしまった時や、人混みで靴を踏んでしまった際など、様々な状況で使うことのできる謝る時のフレーズは「Perdon」(ペルドン)です。

これは、日本語で言う「ごめんなさい」に値し、多くの場面で使えますし、メキシコでも街中で謝っている殆どの人から聞くのはこのフレーズになります。

他にも「Lo siento」(ロ・シエント)というものがありますが、これはとても堅い表現で、こちらも「ごめんなさい」と訳せますが、もっと深く謝りたい時に使うものになります。

謝るフレーズ
「Perdon」(ペルドン)
※本当に申し訳ない時は「Lo siento」(ロ・シエント)と言いましょう

空港でのフレーズ

まず旅行する際において、一番初めで外国語を使うのは、空港ではないでしょうか。もちろん、空港会社によっては日本人添乗員の方がいて日本語が使える場合や、英語が使える場面があるかと思います。しかし、入国審査の際などはメキシコ人の方が、スペイン語で話しかけてくるので、少しでも覚えておきましょう!

飛行機の中で使う台詞

まず、飛行機内で使うことになるのは、「OOが欲しいです。」というフレーズでしょう。これをスペイン語にすると、「Quiero OO」(キエロ・OO)となります。このOOの所に、欲しいものを入れてあげれば通じます。機内で頼む可能性の高いもののスペイン語をリストにしておきます。

水…「Agua」(アグア)
コーヒー・・・「Café」(カフェ)
ジュース・・・「Jugo」(フゴ)
ビール・・・「Cerveza」(セルベサ)

ですので、例えば水が欲しい場合は「Quiero agua」(キエロ・アグア)といえば、水を持ってきてくれるでしょう。

入国審査の際に

空港に到着しました!まず向かわなければならないのは入国審査のゲートです。しかし、あまり緊張する必要はありません。というのも、メキシコの入国審査はそれほど厳しくありません。

ただし、必ず何をしに来たのか目的を問われることになります。その際に「観光です」という必要がありますので「Para Viajar」(パラ・ビアハール)と答えましょう。

空港のフレーズ
何か欲しい時は
「Quiero OO」(キエロ・OO)

観光目的を伝える際は
「Para Viajar」(パラ・ビアハール)

街中で使うフレーズ

次に街中で、使うとされるフレーズたちを場面ごとに紹介していきます。

レストランで

ご注文の際は

レストランでは、メニューを見て、料理を指差して頼むことになると思いますが、
「これお願いします」というフレーズが必要不可欠です。また、誰かと一緒に旅行をする場合、「私にはこれを」という様に、自分のものを明確にしなければなりません。そんな時は、頼みたい料理を指差しながら「Para mí, esto por favor」(パラミ・エスト・ポルファボール)で大丈夫です!

お会計の時は

食べ終わった際は、「会計お願いします」と従業員を呼んでテーブルで会計を行わなければなりません。その際は、「La Cuenta por favor」(ラ・クエンタ・ポルファボール)といえば、伝票や釣り銭受けを持ってきてくれます。

もし、オススメの料理を聞きたい場合は、「¿Cual me recomendas?」(クアル・メ・レコメンダス)と聞くと良いでしょう。

レストランでは
注文する時は
「Para mí, esto por favor」(パラミ・エスト・ポルファボール)

お会計は
「La Cuenta por favor」(ラ・クエンタ・ポルファボール)
少し長いですが、非常によく使いますので覚えておきましょう!

買い物をする際に

メキシコは物価が低いので、お土産などを沢山買ったりしたいですよね!買い物の際は、大きく分けて2つのフレーズがあります!

値段を聞くフレーズ

まずは、値段を聞くのが第一ですよね。お店に、時々値札が貼ってない商品がたまにあります。「いくらですか?」というフレーズは「¿Cuánto cuesta?」(クアント・クエスタ)になります。そして、メキシコ人の方の多くが電卓で値段を見せてくれるので、非常にわかりやすいと思います。

値切りたい時

そして、海外旅行の楽しみの1つとも言える値段交渉ですが、経験的に一気に沢山買う時に値段交渉をすると、高確率で値下げしてくれます!その際は、「¿Pudieras bajar el precio?」(プディエラス・バハール・エル・プレシオ)と言ってみましょう!

お買い物の際は
値段を聞く
「¿Cuánto cuesta?」(クアント・クエスタ)

値切る
「¿Pudieras bajar el precio?」(プディエラス・バハール・エル・プレシオ)

交通機関を利用する時のフレーズ

メキシコでは、バスとタクシーを主に使うことになります。その際必ず聞くことになるのは、「OOまでお願いします」や「このバスはOOまで行く?」というフレーズになります。

メキシコのバスはボンネットに行き先を書いているのですが、絶対にその通りに運行しているわけでは無いので、乗る前に行き先を必ず聞いておいたほうが良いと言えるでしょう。

行き先を伝える時は

まずタクシーなどで「OOまでお願いします」というフレーズを使う時は「Hasta OO, por favor」(アスタOO・ポルファボール)となります。

行き先を尋ねる際は

そして、バスに乗る際に自分の行きたい場所まで行くか確認する際は「¿Vas a OO?」(バス・ア・OO)と聞きましょう!もしくは「¿Hasta OO?」(アスタ・OO)でも通じます。

バスやタクシーに乗る時
行き先を伝える時
「Hasta OO, por favor」(アスタOO・ポルファボール)

行き先を聞く時
「¿Vas a OO?」(バス・ア・OO)
もしくは
「¿Hasta OO?」(アスタ・OO)
しっかり確認しましょう!

ホテルで使うフレーズ

旅行先で泊まるとすれば、基本的にはホテルになると思います。基本的にホテルの従業員は英語対応が出来る人もいるでしょう。なので、必要最低限のスペイン語のフレーズを紹介します。

受付で

まず、受付で「予約したOOです」という際は、「Soy OO, reservé aquí」(ソイOO・レセルベ・アキ)といいましょう。OOの部分には、自分の名前を入れます。しかし、最近はネット予約なども多いので、メールを見せるとわかってくれるパターンが殆どだと思います。

何か壊れた時は

ホテルでよくあることが、故障や機能障害です。メキシコはまだまだ途上国なので、
万が一、部屋に入って何かがうまく機能しない時は「OO no funciona」(OO・ノ・フンシオナ)と言いましょう。また、壊れている・壊れた場合、「OO se rompe」(OO・セ・ロンペ)と受付に言いましょう。

ホテルでのフレーズ
チェックインの際は
「Soy OO, reservé aquí」(ソイOO・レセルベ・アキ)

何か壊れている場合
「OO no funciona」(OO・ノ・フンシオナ)
もしくは
「OO se rompe」(OO・セ・ロンペ)

トラブルで困った際は・・・

何かを失くした時は

海外旅行でトラブルが起きてしまうのは、仕方の無いことです。メキシコで頻繁に起こりうるトラブルのケースは、物品紛失になります。もしも何かを失くしてしまった際は、「Perdí OO」(ペルディ・OO)と言って、警察や宿泊先の受付の方などに相談しましょう。

大きなトラブルの際は

また、メキシコでは治安があまりよろしく無く、日本人は裕福という偏見から、武装集団に襲われる可能性もあります。その際は、絶対に抵抗せずに、速やかに指示に従いましょう。反抗したり逃げようとしたりすると、命を落としてしまう危険性があります。

トラブルの際は
物を失くしたら
「Perdí OO」(ペルディ・OO)

※もしも襲われた際は抵抗せずに、命を第一に考えて行動しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように旅行をするだけであれば、簡単で少ないフレーズだけで十分にコミュニケーションを取れて、旅行をより楽しいものにできると思います。

私自身、メキシコに来てすぐの際は全然話せませんでしたが、頻繁に使うフレーズに気づき始めてからは、意思疎通ができるようになり、街中で時間を過ごすのが楽しくなりました。

今回は簡単なフレーズだけの紹介でしたが、最近では翻訳アプリなどもございますので、今回のフレーズたちと組み合わせて使うと、より深いコミュニケーションを取れるかと思います!みなさんの旅行がより楽しいものになれば、私自身も嬉しく思います。

是非この記事を評価してください!

(0)

東京都内の私立大学生/現在、メキシコに1年間留学中

Mashan

東京都内の私立大学に通う、大学3年生。大学では、英語やスペイン語といった言語、人とのコミュニケーション、異文化理解などを勉強し、現在はメキシコにて留学生活を送っている。好奇心が旺盛で、様々なことに着手し、その知識や経験をライターとしてアウトプットしている。これまでの活動の経歴として、アメリカ人教授の授業アシスタントや東北復興支援のボランティア、メキシコにおいて、メキシコ人学生に日本語を教えるボランティアなどを行ってきている。

同じライターの記事

旅行・観光の人気記事

今人気の記事