search

キャストドールとは一体何?人形オタクが教えるお薦め通販サイト

人形コレクター/ドールオーナー歴20年

カヤコ

人形を集め続けて20年、筋金入りの人形オタクでドールアイ収集家。 スーパードルフィー、海外製キャストドール、リカちゃん、ジェニー、プーリップ…

こんにちは。約100体の人形たちと一緒に暮らしている、人形コレクターのカヤコです!
幼い頃から人形の魅力にハマり、大人になっても熱が冷めることはなく、気がつけば筋金入りのドールオタクになっていました。
特に学生時代に「球体関節人形」に出会ってからは、一から人形を自作したり、お洋服を作ったりと、人形漬けの毎日を送っています。

様々な人形を収集している私が、特に力を入れているのが「キャストドール」です。美しい顔に微笑みを浮かべ、華やかな衣装を身にまとったお人形は、ガラスの大きな瞳を煌めかせ、人々を魅了しています。

日本に限らず海外でも大人気のキャストドールは、個人の趣味ブログやTwitterなどで画像を見かけることもあるかと思います。しかし、あまり一般的な趣味ではないため、初心者さんにはとっては「どんな人形なのか」「どこで買えるのか」「どんな遊び方ができるのか」といった疑問だらけの、ミステリアスな世界でしょう。

私は世界中のキャストドールを買い集め、毎日のように各メーカーのサイトや通販サイトで情報収集をしています。ドールショップの店頭での購入・代理店からのネット購入だけでなく、海外からキャストドールを個人輸入したこともあるため、キャストドールに関する知識には自信があります。

キャストドールを通販で買ってみたい!
→そう思っているのに、どこで何をすべきなのかが分からず、呆然としてしまっている方も多いのではないでしょうか?

そもそも、キャストドールがどんな人形なのか分からない!
→あまりメジャーな趣味ではないので、インターネットで調べても、なかなか分かりませんよね。

初心者さんにわかりやすいように、キャストドールの特徴、値段、おすすめの通販サイト、購入時の注意点などを詳しく解説します。

目次

  1. キャストドールってどんな人形?
  2. キャストドールのサイズごとの分類って?
  3. キャストドールの値段の相場って?
  4. キャストドールはどこで通販できるの?
  5. 自分の好みのドールはどこで見つかる?
  6. 新品のヘッドだけを通販で買える?
  7. ドール本体と同時に購入すべきアイテム
  8. キャストドールの中古の通販はある?
  9. まずはお気に入りの子を“お迎え”しよう

キャストドールってどんな人形?

キャストドールを初めて見た方は、だいたい「これってアンティークドール?」とおっしゃいます。キャストドールはアンティーク(骨董品)ではなく、現代のホビードールの一種です。

レジンキャスト製の球体関節人形


キャストドールとは、樹脂でできた人形のことです。関節があるため、手足を自由に曲げることができます。

キャストドールに使われているのは、レジンキャストという合成樹脂で、まるでビスクのようなすべすべの肌を実現しています。レジンキャストは着色ができるので、健康的な色味の肌だけでなく、天使のように白い肌やワイルドな褐色肌、病的な灰色の肌など、様々なスキンカラーの人形が作られています。

人形の素材としては最適なレジンキャストですが、紫外線の影響や経年劣化で表面が黄色く変化する(黄変)というデメリットがあります。日頃からボディを磨くなどの手入れをする必要がありますが、その分愛着がわくというものです。

キャストドールの構造

多くのキャストドールは、関節が球体関節になっており、自由に曲げてポーズをとらせることができます。このような人形のことを「球体関節人形」と呼びます。
球体関節人形は、手や脚、胴体、頭(ヘッド)、関節球などのバラバラのパーツを、太いゴムで繋いで組み立てられています。ゴムを通すため、パーツの中は空洞です。関節の動く小さな着せ替え人形がありますが、あれらはゴムを使っていないため、球体関節人形には入りません。

メイクやウィッグを交換してカスタム可能

キャストドールの最大の魅力は、メイクやウィッグ、ドールアイ(眼球)を変更できるところです! 全く同じ顔の人形でも、持ち主の好みのメイクやウィッグに変えるだけで、自分だけのお人形を作ることができるんです!

世界に一体しかいない特別なお人形が簡単に作れるなんて、素晴らしいと思いませんか?

レジンキャストは、市販の絵具やパステルなどで、簡単にメイク(顔の塗装)ができます。最初はなかなか上手くいきませんが、練習すればプロのメイク師のような美しいメイクをすることも可能ですよ。塗料は簡単に落とすことができるので、何度もメイク変更できるのが最大のウリです。

レジンキャストはヤスリで削ることができるので、輪郭を細くしたり、目の大きさを変えるなどのカスタムもOK! とことん自分好みの顔にカスタムできるんです。

ウィッグは、各メーカーから沢山の髪型・カラーの商品が販売されています。ウィッグの取り外しや装着はとても簡単なので、毎日のように交換してイメチェンを楽しむ方もいます。

また、人形にはめるドールアイの種類も非常に豊富です。高級感のあるガラス製、面白い模様も可能なアクリル製、ラインストーンなどを入れたキラキラのレジン製……。はめるアイのサイズによっても、表情がガラリと変化するので、色々なアイを試してみたくなりますね。

キャストドールのサイズごとの分類って?

キャストドールについて書かれているブログなどを見ていると、「SD」「SD16」といった謎の単語が出てくると思います。実はこれらは人形のサイズを表しているんです。

キャストドールは、日本のVOLKS(ボークス)社が開発した人形です。
VOLKS製のキャストドールは「スーパードルフィー(SD)」と呼ばれており、登録商標となっています。最初に発売されたのは、身長約60cmの「SD」サイズの人形です。これよりも大きな人形や小さな人形が次々に発売され、サイズごとに別の呼び名が付けられました。
ざっくりと分類すると、以下のようになります。

30cm級:「幼SD」
40cm級:「MSD」「SDM」
60cm級:「SD」
65cm級:「SD16」「SD17」

VOLKS製のキャストドール以外のことは「SD」とは呼びません。しかし海外製のほとんどのキャストドールは、VOLKS社の人形に近いサイズで作られているため、衣装のサイズ表記などの基準となっています。たとえば「SD級用サイズ」と書かれた衣装であれば、VOLKSのSDでなくても、海外製のSDに相当するサイズの人形に着せられるということです。
ただメーカーによっては、ウエストや肩幅などのサイズが違うため、身長が同じくらいでも衣装が着せられないことがあります。海外製のキャストドール用に衣装を購入する際は、人形と衣装のサイズが合っているかきちんと確認しましょう。

キャストドールの値段の相場って?

キャストドールの値段は、製造国やサイズによって異なります。人形のバージョンや購入時期によっても違うことがあるので、あくまで目安として参考にしてください。

日本製のキャストドールの値段


日本で一番有名なキャストドールメーカーといえば、キャストドールの生みの親であるVOLKSです。メイク済みで、ウィッグや下着がセットになっているため、初心者でも購入しやすくなっています。
VOLKSのスーパードルフィーの大体の値段をご紹介します。

幼SD:34,000~39,000円
MSD、SDM:~42,000円
SD:68,000円~100,000円
SD16、SD17:~120,000円
※税別
※ドール本体、ウィッグ、下着、ドールアイ、メイクつき

海外製のキャストドールの値段


海外製のキャストドールは主に韓国や中国で作られており、VOLKSよりも比較的値段が安いのが特徴です。ただし、ウィッグや衣類が別売りの場合がほとんどで、安易な比較はできません。メーカーによって値段に大きく差があり、日本製よりも値段が高いものも多く存在します。円高や円安も影響します。
どちらかといえば、中国メーカーの方が安価な傾向にあります。

幼SDサイズ:22,000~37,000円
MSD、SDMサイズ:30,000~47,000円
SDサイズ:49,000~90,000円
SD16、SD17サイズ:70,000~11,000円
※税別
※ドール本体、ドールアイ、メイクつき
※代理店価格

キャストドールはどこで通販できるの?

キャストドールは店頭でも買えますが、店舗数が大変少なく、在庫がない場合も多いです。
通販なら在庫が一目でわかり、予約注文も可能なので、楽でおすすめです。

日本製ならVOLKS

日本にはVOLKS以外にもキャストドールを製造しているところがありますが、個人製作のため在庫が少なかったり、組み立てからメイクまで全て自分でやらなければならないキットだったりするので、最初に購入を検討するのであればVOLKSがいいでしょう。
「スタンダードモデル」と呼ばれる人形は、VOLKSの通販サイトでいつでも購入可能です。種類が少ないのがネックですが、確実に購入することができます。

国内製造&発送なので、海外メーカーの人形を代理店経由で買うよりも、早い期間で届きます。
国内送料がかかります。3辺合計160cm以内・重量30kg以内であれば全国一律800円(税別)です。大きな人形の場合は、金額が変わる場合があります。

ボークスホビー天国ウェブ
https://ec.volks.co.jp/

韓国製ならDOLK

DOLKは、海外製のキャストドールを数多く取り扱っている代理店です。韓国のメーカーがメインですが、中国やタイなどのメーカーも取り扱いがあります。
日本語が通じるので、外国語が苦手な方でも安心して購入できます。
アフターサービスも充実しているので、購入後に困ったことがあれば何でも相談してみるといいでしょう。

日本の倉庫に在庫があれば数日で届きますが、在庫がないものは注文を受けてから制作に入るため、届くまでに2~3か月かかります。
人形の場合は、在庫商品・取り寄せ商品にかかわらず、EMS送料(海外送料)を支払う必要があります。EMS送料は、人形の箱サイズによって変わりますが、SDサイズであれば3,000~3,500円程度が目安です。

DOLK STATION
http://dolk.jp/

中国製ならLegenddoll shop

Legenddoll shop は、中国メーカーのキャストドールをメインに取り扱っている代理店で、DOLKよりも少し値段が安めです。
日本語は通じますが、中国人スタッフとのやりとりになるので、細かなニュアンスが伝わらないことがあるかもしれません。
配送前に相談すれば、メイクの修正を無料で行ってくれたり、付属品のカラー指定を受けてくれる場合があります。柔軟な対応が可能なのが嬉しいですね。

在庫商品でも届くのに1ヶ月ほどかかります。在庫がないものは注文を受けてから制作に入るので、届くまでに2~3か月かかります。
海外からの配送になるので、EMS送料(海外送料)がかかります。EMS送料は、人形の箱サイズによって変わりますが、SDサイズであれば4,500~5,500円程度が目安です。
また、税関を通るため、税関が忙しいクリスマスなどの時期に重なってしまうと、発送されてから実際に手元に届くまで2週間近くかかることがあります。
税関の判断によっては、関税が課せられることがあります。EMSの配送状況を検索したときに「税付」と表示された場合は、関税分のお金を余分に用意し、荷物が届いた際に支払ってください。

Legenddoll shop
http://www.legenddoll.com/

安く購入するならメーカー直営WEBショップ

海外の一部のメーカーの通販サイトは、日本語にも対応しています。スタッフも日本語が堪能なことが多いので、安心して利用できます。
代理店を通さないため、商品によっては数万円も安く購入することができます! セールをやっている場合もあるので、お気に入りのメーカーがある場合は、直営のWEBショップを確認してみてください。

基本的に受注生産のため注文を受けてから制作に入りますが、代理店で注文するよりも早く発送されます(税関の処理遅れによる遅延はあります)。
海外からの配送になるので、EMS送料(海外送料)がかかります。EMS送料はメーカーや人形サイズによって異なりますが、韓国の老舗ドールメーカーのLUTSはSDサイズで4000円程度が目安です。多様なサイズのドールを販売しているDollmoreは、注文を受けてからメーカー側で人形サイズと重さで計算するため、詳しい送料は不明です。
また、関税が課せられる場合もあります。

LUTS(日本語サイト)
http://lutsjapan.com/

Dollmore(日本語サイト)
http://www.dollmore.jp/

海外サイトで通販する際の注意点

メリットが沢山あるメーカー直営WEBショップでの通販ですが、海外サイトでの通販にはリスクもあります。

日本の銀行に口座を持っているショップであれば、支払いでトラブルになることはほとんどありません。ところがPayPal(ペイパル)などのオンライン決済サービスで送金すると、まれに入金確認がうまくとれず、メーカー側に“未入金”だと思われてしまい、トラブルになることがあります。そのような場合は、メーカーに連絡をして自力で解決しなければなりませんが、スタッフの日本語スキルによっては言葉がうまく伝わらないことがあります。

代理店を通す場合は、入金トラブルはほとんどありませんし、メーカーとトラブルになったとしても代理店がサポートしてくれます。

その他にも、商品の不足や、商品の破損などのトラブルが考えられます。そういった場合は、全て自力でメーカーに問い合わせなければなりません。
安く買えるのはいいのですが、言語の壁があるので、英語や韓国語、中国語に自信がない方は注意してください。

自分の好みのドールはどこで見つかる?


キャストドールがどんな人形なのか、どこで売っているかなどが分かったら、実際に購入したくなりますね。
でも、商品数が多すぎて、「自分の好みの子が、どのお店にいるか分からない」と悩んでしまいませんか?
実は製造国ごとに特色があるので、それを目安にお店を選んでみましょう。

アニメ顔&ナチュラル系ならVOLKS


大きな瞳に小さな唇のアニメチックな顔立ちがお好みなら、VOLKSがおすすめです。可愛らしい印象の人形が多く、微笑を浮かべた優しい表情の子が多いのも特徴です。

メイクはブラウン系ベースが基本で、とてもナチュラルな仕上がり。どんなお洋服やウィッグにも似合います。

派手なメイクがお好みなら韓国メーカー


韓国メーカーは、全体的に派手めな印象で、色鮮やかなメイクアップが得意です。目力を強調させる長いまつ毛、何色も使ったグラデが美しいアイシャドウ、ヘッド全体にふりかかったラメパウダーなど、各メーカーのこだわりが詰まっています。

キリッとした顔立ちの人形が多く、美人系や、色っぽい美少年系をよく見かけます。メーカーの数が多い分、造形師(原型師)の人数も多く、個性豊かなのも特徴です。

変わった造形、リアル造形なら中国メーカー


中国メーカーは、とても独創的なデザインの人形や、リアルな顔立ちの人形が得意です。
手首に関節がいくつもあったり、脚が何本もついているなどの異形系の人形は、ホビーというよりはもはやアートの域。
まるで生きているかのようなリアルな顔立ちの人形は、日本の人形作家が作るオリジナルの球体関節人形を彷彿とさせます。

新品のヘッドだけを通販で買える?

もしかしたら、何らかの理由で、キャストドールのボディのみを所持している方がいるかもしれません。一番多いのは、「人形のヘッドだけを、他人に譲ってしまった」というようなケースでしょう。ボディだけ持っていても勿体ないので、「新しいヘッドを取り付けたい」と思いますよね。
中には、「新しいボディまで買う余裕はないけれど、どうしても欲しい顔の子がいる」という方もいるでしょう。つまり、1つのボディを、2つのヘッドで共有して使うという方法です。

ヘッドのみを通販で買うことは、可能です。ヘッド+ボディだとかなりお値段がはりますが、ヘッドのみであれば半分以下の値段で買えるので、色々な顔の子を買って、好きなヘッドに取り換えて楽しむということもできちゃいます。
しかし、ヘッドのみの販売を行っているメーカーは、あまり多くないのが現状です。

海外製は買えることがある


VOLKSは、ヘッドのみの購入は基本的にできません。できる場合もありますが、通販ではなく、イベントなどの特別な機会のみです。
海外メーカーの場合は、期間限定でヘッドのみの販売をしている場合があります。中には、いつでもヘッドパーツを販売しているメーカーもあります
代理店では取り扱いがなくても、直営のWEBショップには置いてあることがあります。

首のサイズ、スキンカラーの違いに注意

欲しいヘッドとボディのメーカーが異なる場合、まずは首のサイズに注意しましょう。同じSDサイズでも、首回りのサイズが違うと、ヘッドが取り付けられないことがあります。

「A社のノーマルスキンのヘッド+B社のノーマルスキンのボディ」という組み合わせをする場合は、色味の違いに要注意。同じ「ノーマルスキン」でも、メーカーによって色味が異なります。
残念ながら通販は、ネット上の写真でスキンカラーを判断するしかないので、イメージと違う色味のヘッドが届くことがあります。「ピンク寄りの肌色だと思ったら、実はイエロー寄りだった」ということになると、ボディとヘッドの色が合わずにちぐはぐな見た目になってしまうのです。
「ホワイトスキン」も同様で、かなり白いメーカーもあれば、ピンク寄りだったり、あまり白くないなど、かなりの差があります。

有名なメーカーであれば、人形コレクターの方が各メーカーのスキンカラーの比較写真をアップしている可能性がありますので、購入前に情報収集しましょう。

ドール本体と同時に購入すべきアイテム

通販サイトでドール本体を選んでも、まだ注文ボタンを押してはいけません。人形を買った後に、必ず使うアイテムがいくつもあります。買い忘れないように注意してくださいね。

なお、ご紹介している価格は、あくまで目安です。

服、下着、靴


「お人形は顔が命」といいますが、衣装や靴も大事です。
男の子はパンツスタイルが多いので下着を履かせないこともありますが、スカートが多い女の子にはショーツを買ってあげましょう。ブラジャーは、ドレスを着せると非常にかさばって邪魔なので、着けないことがほとんどです。

衣装の価格

シンプルなものであれば10,000円以内、派手なものは20,000円程度

下着の価格

500~900円

靴の価格

2,000~6,000円

ウィッグ


海外製のほとんどの人形は、ウィッグが付属しないため、別途購入する必要があります。
ウィッグのサイズ表記には「インチ」が使われます。一般的なSDサイズのヘッドであれば9インチ前後のウィッグがぴったりです。人形の商品ページに、ウィッグの対応サイズが表記されていることが多いので、必ずチェックしてください。

ウィッグの価格

2,000~4,000円

ドールアイ


ほとんどの人形には、デフォルトでアイが付属しています。しかしこれはあくまでオマケという扱いのメーカーもあり、粗悪品がついてくることがあります。心配であれば、アイも購入しておきましょう。
一般的なSDサイズのヘッドには、16~18mmのアイがぴったりです。これもウィッグと同じで、ヘッドによって対応サイズが違うので、商品ページの表記を確認してください。

アイのサイズは、白目のサイズで表記されます。黒目のサイズはメーカーによって違い、特にグラスアイは同じ商品でも個体差があります。

ドールアイの価格

グラスアイ(マシンメイド):1,500~4,000円
グラスアイ(ハンドメイド):3,000~10,000円
アクリルアイ:700円~1,000円
レジンアイ:1,000~5,500円

アイパテ

アイパテは、粘土や練り消しのような感触のパテで、アイを固定するのに使います。グルーでアイをがっちり固定することもできますが、簡単にアイ交換ができるパテのほうが便利です。

アイパテの価格

300~1,000円

シリコンキャップ


シリコンキャップをヘッドに被せると、ウィッグからの色移りを防止できます。また、摩擦によってウィッグが落ちにくくなるので、ヘッドサイズに合ったものを用意しておきましょう。

シリコンキャップの価格

300~1,000円

ゴム引き

キャストドールの各パーツを繋いでいるゴム(テンションゴム)は、時間が経つと伸びてしまい、ポージングがしづらくなります。古くなったゴムの交換の際に使うのがゴム引きです。メンテナンスに必須の道具になります。

ゴム引きの価格

1,300円

キャストドールの中古の通販はある?

ここまで新品のキャストドールの通販について説明してきましたが、「正直、値段が高くて手が出せない……」と諦めモードの方もいるかもしれません。キャストドールは全て手作業で作られているため、どうしても値段が高くなってしまうのです。
しかし、まだ諦めないでください。
もっと安くキャストドールを買いたいなら、中古の人形を買うという道が残されています!

写真でコンディションが確認しやすい「まんだらけ」

キャストドールの中古販売といえば、古くからホビー関連の中古品を取り扱っている「まんだらけ」が有名です。通販サイトに掲載されている写真は、人形のコンディションが確認しやすいように丁寧に撮られています。傷やメイクの状態をじっくり確認してから買えるのでおすすめです。

まんだらけ通販
https://order.mandarake.co.jp/order/

価格が比較的安い「ドーリーテリア」

人形本体や小物などを専門に扱っているショップです。まんだらけと比較すると、若干値段が安いと思います。特に小物や衣装類は安めなので、中古の人形と一緒にまとめ買いすればお財布に優しいですね。

ドーリーテリア
https://www.dollyteria.com/

運が良ければ安値で落札できるネットオークション

キャストドールは、ネットオークションに多数出品されています。1円スタートのものも見かけるので、運が良ければ非常に安い価格でキャストドールを落札できます!

まずはお気に入りの子を“お迎え”しよう


購入方法や値段も大事ですが、これからずっと一緒に過ごしていく人形なら、特別に気に入った子を選びたいですよね。外国のショップの通販は少し手順が大変ですが、お気に入りの人形を買うためならば、意外と頑張れちゃうものなんですよ。

ちなみに、人形を購入することを、人形愛好家たちの間では“お迎え”と呼んでいます。
この記事を読んで、キャストドールに興味を持ってくれたそこのあなた。あなたも、お気に入りの子を見つけて、ドールを家に“お迎え”してみませんか?

是非この記事を評価してください!

(7)

人形コレクター/ドールオーナー歴20年

カヤコ

人形を集め続けて20年、筋金入りの人形オタクでドールアイ収集家。
スーパードルフィー、海外製キャストドール、リカちゃん、ジェニー、プーリップ、モンスターハイ、アンティークビスクドール、市松人形など多数の人形を所持。
特に韓国・中国・アメリカなどの海外製のドールに造詣が深い。
ドールアイの自作も行っている。

同じライターの記事

趣味・ホビーの人気記事

今人気の記事