search

初心者必見!ベイトリールの種類、選び方をご紹介!

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。 10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに…

皆さんはどのようにベイトリールを選んでいますか?
魚種によっても扱うベイトリールの形は異なりますし、飛距離や、投げるルアーの重さによっても様々なベイトリールが存在します。
今回の記事ではベイトリールの説明、種類や自分のスタイルに合わせたリール選びなどをご紹介します。
大物を狙うには欠かせないベイトリールをマスターしましょう!

目次

  1. ベイトリールとは?
  2. ベイトリールの種類
  3. 釣りで重要なリールのギア比
  4. ベイトリールの選び方
  5. 私のおすすめリールをご紹介!
  6. まとめ

ベイトリールとは?

写真のリールの事を通称ベイトリールと言います。

今回の記事では、ベイトリールに焦点を合わせてご紹介させて頂きます。
ベイトリールの特徴は以下の3点です。

正確にキャスト(投げること)が出来る


釣り用語で投げることをキャストと言います。
リールの構造上、スプールの回転を親指で制御できるため、距離や弾道などを調整することが出来て正確なキャストを行うことが出来ます。
上級者にもなると、10メートル先にある空き缶や瓶などの目標物に正確に当てることが出来ます。

パワーフィッシングが出来る


ベイトリールの1番の利点とも言えるのが、このパワーフィッシングが出来ることだと言えます。
スピニングリールよりも大口径ギアが搭載されていて、太いラインを巻けば力任せにゴリゴリ巻き取ることが出来ます。
このため障害物周りを狙うロックフィッシュゲームやバスフィッシングには欠かせないリールとなります。

軽いルアーが投げにくい


これもベイトリールの特徴なのですが、回転するスプールからラインが放出されるため、抵抗が掛かりにくい軽いルアーは飛距離が伸びません。
このため重いルアーはベイトリール軽いルアーはスピニングリールと分けられています。

これがベイトリールの特徴です。
ですが、ベイトリールの中でも様々な形や性能があり、得意、不得意なルアーシチュエーションがあるために、適当に選んでいては間違った買い物をしてしまうでしょう。
それ以外にも、【ギア比】も理解していないといけません。
今回の記事では、知識とリールの選び方についてご紹介していきますので宜しくお願いします。

ベイトリールの種類

リールの種類は、「ロープロファイル型」「丸型」「ベイトフィネス型」の3種類が存在します。
それぞれ特徴が異なりますので見ていきましょう。

リールの種類長所短所
ロープロファイル型コンパクトで手返しが良い特に非が無いバランス型
丸型パワーフィッシングが出来るリールが重い
ベイトフィネス型軽いルアーを投げれる繊細なため上級者向け

ロープロファイル型


現在ではロープロファイル型が一般的になっています。
多くの物は飛距離やトラブルの少なさと同時に、リール本体のコンパクトさを重要視しているものが多いですね。
特に非が無く、ベイトリールを1つ買うならば間違いなくロープロファイル型をおすすめします。

ロープロファイル型の特徴

手に収まりやすくて、手返し良く正確なキャストをするのにおすすめ

丸形


ベイトリールの始まりの形は丸形でした。
大きな特徴は、ロープロファイル型よりも大径ギアが入っていることですね。

勿論、ロープロファイル型でも大径ギアが入っているのですが、糸巻き量や剛性を比較すると丸形の方が上回っています。
ビックベイトや海でのジギングゲームには、丸型リールをおすすめします。
筈畑やヒシモだらけのジャングルのような場所から強引に引きずり出す雷魚を相手にするなら、ロープロファイル型では破損してしまいます。
雷魚ゲームでも丸型リールがおすすめです。

丸形の特徴

剛性の強い大径ギアが使われていることが多く、より力任せなパワーファイトが可能

ベイトフィネス型


これは数年程前から確立してきたジャンルなのですが、最初の説明の「軽いルアーが投げにくい」というベイトリールの常識を打ち破ったモデルです。

ベイトリールの正確なキャスト性能と、太い糸を巻いて釣りが出来るパワーゲーム性に加え、スピニングリールのような軽いルアーを投げれる繊細さを搭載しています。

これを可能にしたのはびっくりするほど軽量化されたスプールにあります。

この写真の左が通常のベイトリールのスプールです。
右がベイトフィネス型のスプールです。
もうほとんど肉が削がれて穴だらけですよね。

削がれたスプールの軽さで、軽いルアーに対してもしっかりと重みを乗せることが出来ます。
その反面、かなり無理して軽量しているため、太いスプールや、スプール事態に負荷を掛け過ぎると変形してしまします
非常に繊細なため、レーシングモデルと思って頂ければ良いです。

ベイトフィネス型の特徴

近代の技術の賜物!軽い物が投げれるベイトリール

以上がベイトリールの種類のご紹介でした。
次は「ギア比」に付いてご紹介します。

釣りで重要なリールのギア比

ギア比とは?


上の画像のように何:何と書かれている部分をギア比と言います。
ギア比とは単純に言いますと、どの大きさのギアが入っているかの指数です。
この比率で何がわかるかと言いますと、リールハンドル1回転で巻き取れる糸の量です。

巻き取る量が多い程、ルアーを早く回収できます
また、巻き取る量が少ない程、クランクベイトやビックベイトなどの抵抗が大きいルアーを手元に負担を掛けずに巻き取れます

ギア比を選ぶ基準は、テンポを崩さずに釣りが出来る快適さ重視で選んでもらえれば大丈夫です。
釣りではテンポはとても大事です。
テンポが崩れないのはそのまま集中力の持続に繋がりますので、常に最高の状態で釣りが出来ることになるのです。

ちなみにギア比の比率は、他社同士左程変わらないので参考までにご覧ください。

ギア比ギア比率
5:3以下ギア比が低い(ローギア)
6:3以下普通
7:1以下ギア比が高い(ハイギア)
7:1以上ギア比が非常に高い(エクストラハイギア)

ベイトリールの選び方

まずはどんな釣りをするかを決めよう

ここまで色んなリールの種類とギア比についてご紹介させて頂きましたね。
では、選ぶ基準でどう選んで行けばよいのかご紹介します。
ベイトリールで扱うルアーの要素の全てを4つに分けることが出来ますので、この4つのルアー要素に合わせたリールをご紹介させて頂きます。

ベイトリールを使う用途4選

①ビックベイト


ビックベイトはとにかく重たいです。
抵抗も並大抵ではありませんので、重さをしっかり受け止めれる強いギアと抵抗を受け流せれるギア比が必要ですね。
この場合だと、大口ギアが備わっていて太いラインを大量に巻くことが出来る丸形リールがお
すすめです。
さらに、重い引き抵抗を受け流すにはギア比は低いほうが良いのでローギアを選択すると良いでしょう。

★ビッグベイトにおすすめリール
ローギアの丸型リール

②巻物全般


巻物全般は、クランクベイトやスピナーベイトミノーやトップウォーターなど様々なルアーを1つで扱うことを想定して巻物全般にしました。
クランクベイトだけならばギア比は低いほうが抵抗が受け流すことが出来て良いのですが、ミノーやスピナーベイトはギア比が低いと手返しが悪くなって釣りのテンポが崩れてしまいます。
この場合ですと、どちらも問題なく扱うことの出来る6:3の普通のタイプのギア比が良いですね。
また、手返し良く行うために、大きくて重すぎる丸形は適しません。
コンパクトかつ、比較的軽いロープロファイル型のリールがおすすめです。

★巻物全般におすすめリール
ギア比6:3前後のロープロファイル型

③ラバージグやテキサスリグ


ラバージグやテキサスリグは目的の場所で誘い、反応がなければすぐに回収してまた別のポイントへ投げるのが効果的です。
このため大事になるのが手返しに良さになります。
ギア比は高ければ高い程、回収が速いのでおすすめです。
リールはコンパクトな方が投げやすいです。
余計な重さなどは不要ですのでロープロファイル型がおすすめです。

★ラバージグやテキサスリグに おすすめリール
ギア比7:1以上のエクストラハイギアのロープロファイル型

④軽いルアー


ベイトリールで軽いルアーが投げれるのはベイトフィネス型しかありません。
ここでギア比なのですが、ベイトフィネス型に関してはハイギアをおすすめします。
なぜかと言いますとベイトリールで投げるような場所と同じ場所にベイトフィネス型で投げるのですから、多少は無理やりにでも障害物周りから引き離す必要があります

ベイトフィネスで扱えるラインの太さは12lbが限界です。
これ以上太くすると、スプールの変形に繋がりますのでおすすめしません。
通常のベイトリールで狙う場所の扱うルアーでは、口を使わない魚を狙うためにあるベイトフィネス型ですが、引っ張り合いの強度はベイトリールに劣りますので、魚に障害物の中に潜られる前に一気に手前に引き寄せる必要があるのです。
ですので、ベイトフィネス型はハイギアをおすすめします。

★軽いルアーを扱うおすすめリール
ハイギアのベイトフィネス型

このように使うルアーに限らず、シチュエーションも考えて選んで頂けるとより、精度の高いリール選定が出来ます。
是非、ご参考下さい。

私のおすすめリールをご紹介!

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 アルデバラン BFS XG


画像Amazon引用

とにかく軽いルアーを投げるのに特化したリール!

こちらはベイトフィネス用のリールです。
このアルデバランはとにかく軽いです。
自重で130グラムしかありません。
この軽さは全リールの中でも1,2を争う軽さです。
ベイトフィネスリールは軽さはキャストの安定さにかかわってきますので、この軽さはかなりの戦力になります。
ブレーキのセッティングはかなり繊細なものの、他社のベイトフィネスリールを謳っている物と比べても飛距離は一目瞭然です。
ベイトフィネスなら間違いなくこのリールですね。

シマノ リール 15 カルカッタ コンクエスト 200HG


画像Amazon引用

元祖丸形リール!パワーフィッシングには持って来いの1品

昔から定評のあるリールとして有名な丸型リールです。
強靭な大径ギアを搭載しているため、ビックベイトなどの重いルアーを投げるのに向いています。
また、雷魚ゲームにも対応できるのでとにかく壊れない強靭なリールとしておすすめです。

ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオンSV TW 1016SV-XXHL


画像Amazon引用

初心者おすすめのSVスプール内蔵リール

こちらのリールにはグローブライド社独自の機能SV(ストレスフリー)スプールが内蔵されています。
詳しい説明は今回の記事の内容と逸脱してしまいそうですので控えますが、ベイトリールでお馴染みのトラブル「バッククラッシュ」が起きにくくなります。
私自身このリールを購入し使っていますが、本当にバッククラッシュしません。
向かい風に投げてもトラブル無しに投げれるこのリールは、本当買ってよかったと思っています。
初心者の方には是非おすすめしたいリールです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
今回の記事を参考に是非ベイトリールを使って見て下さい。
お持ちの方であれば、用途に合わせたリール選定をして頂くことで釣果は劇的に変わります。
今回の記事で、皆様の釣果が上がって頂ければ幸いです。

是非この記事を評価してください!

(0)

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。
10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに注いできた。
三重県を拠点とし、狩りを行うようにバスを釣る。

同じライターの記事

趣味・ホビーの人気記事

今人気の記事