search

失敗しないほうれん草の育て方-畑の中和と種蒔きに注意-

野菜栽培歴4年

fnp2101

長期にわたって野放し状態で、雑草だらけだった畑の耕耘からスタートして4年、野菜栽培もようやく軌道に乗ってきました。発芽に失敗したり、台風や季…

ほうれん草は、品種をうまく組み合わせれば、1年を通じて栽培を楽しむことが出来る野菜です。
栽培期間が短く、特に秋から冬にかけての栽培では害虫被害も少ないので、手軽に栽培が出来て、冬を代表する家庭菜園の葉物野菜と言えます。そしてほうれん草がもっともおいしい時期も冬です。
ほうれん草の栽培を始めて5年目になります。最初は発芽に失敗したり、順調に生育しなかったこともありましたが、最近ではほぼ安定して収穫までたどりつけるようになりました。
キーは種蒔き前の畑の準備と、種蒔きの仕方にあります。本文では、品種の選定や畑の準備、種蒔きから収穫までの一連の作業について、注意事項も含めて解説します。

薬膳料理では、ほうれん草は血液の量を増やす野菜と言われています。ほうれん草には鉄分やビタミンC、葉酸が豊富に含まれているからと思われますが、このように栄養豊富なほうれん草をぜひ栽培してみてください。
特に断りのない限りは、関東地方南部における露地栽培を前提に解説します。プランターによるほうれん草の栽培については最後に解説しています。

目次

  1. ほうれん草の品種の選定-春まきと秋まき-
  2. ほうれん草の栽培時期-秋まきから始める-
  3. 畑の準備-連作禁止、畑の中和-
  4. ほうれん草の種蒔きは、浅めに、薄めに
  5. ほうれん草の間引き-苗の込み具合に応じて-
  6. 追肥-成長にあわせて-
  7. ほうれん草の病害虫対策
  8. ほうれん草の収穫-不織布で厳寒期の収穫も-
  9. ほうれん草のプランター栽培

ほうれん草の品種の選定-春まきと秋まき-

ほうれん草には春まきに適した品種と秋まきに適した品種がありますので、栽培時期にあった品種を選ぶ必要があります。
例えば、秋まき用の品種を春に蒔くと、大きく成長する前に開花してしまったりと、うまくいきません。種子の購入時には注意してください。

代表的な品種

おてがるほうれん草ソロモン(サカタのタネ社)

地域や気候にもよるが、春まきにも秋まきにも対応できる品種。
暑さ・寒さに強く、耐病性も優秀で栽培しやすいほうれん草。

Amazonより引用

あまうまほうれん草まほろば(サカタのタネ社)

秋まきの品種。寒さやべと病に強く、収穫量も多い。

ほうれん草 強力オーライ(タキイ社)

秋まきの品種。べと病に強く、生育旺盛で育てやすいほうれん草。

Amazonより引用

ほうれん草 早生サラダあかり(タキイ社)

秋まきの品種。赤い軸が特徴。生食用のベビーリーフから通常の収穫まで、用途に応じた栽培が出来るほうれん草。寒さに強く育てやすい品種。

Amazonより引用

ほうれん草の栽培時期-秋まきから始める-

ほうれん草は、夜温が低いほうが葉に糖分が蓄積されます。冬どりがおいしいと言われる所以です。また、寒い時期の栽培には害虫被害にあいにくいというメリットもあります。
耐寒性に優れた品種も多いですので、ほうれん草の栽培は秋まき冬どりのものから始めるのがよいでしょう。
下図は、秋まきの場合の栽培時期の目安を示しています。
ただし露地栽培の場合、寒冷地の秋まきは時期が限定されてしまう分、難しいです。ハウスなどを活用して栽培時期を広げるか、春まき栽培を行うのがよいでしょう。
そして、品種によっても栽培時期が異なってきますので、種子の袋に記載されている時期を守って栽培してください。


畑の準備-連作禁止、畑の中和-

ほうれん草は連作(同じ場所で、連続して同じ野菜を栽培すること)を嫌います。1年はほうれん草栽培をしていない場所で栽培する必要があります。

石灰散布&耕耘-種蒔き2週間前、必ず畑を中和-

野菜の中でも特にほうれん草は酸性土壌だと育ちにくいです。種蒔きの2週間前をめどに石灰を散布し、土の中和に努めましょう。
1㎡当たり150gほどの苦土石灰を散布し、深さ30cm程度までよく耕します。
石灰の効果については、当サイトの「白菜の育て方」で解説しました。参考にしてください。

施肥&耕耘-種蒔き1週間前-

種蒔きの1週間前をめどに、畑に完熟堆肥と化成肥料を与え、耕耘して土とよく混ぜ込みます。
1㎡当たり堆肥2kg、化成肥料100gが目安です。前作で野菜を栽培している畑なら、化成肥料は「8-8-8」のもので充分です。
肥料全般に関して、当サイトの「白菜の育て方」で解説しました。参考にしてください。

畝を立てる

高さ10cm、幅60cm程度の畝を作ります。これは2条蒔き(注)を前提にしています。長さは栽培量に依存しますが、まずは2~3m程度で始めるのがよいでしょう。

条蒔きとは?
種を蒔くための溝(蒔き溝)を用意して、その溝に沿って種を蒔いていく方法を条蒔きと呼びます。一つの畝に2列の蒔き溝を用意して、それぞれの溝に種を蒔く場合は2条蒔きと言います。畝幅や栽培量に応じて、1条蒔きや2条蒔き、4条蒔き等々を使い分けます。

条蒔きに対して、ある間隔を確保して一粒づつ種を蒔いていく方法を点蒔きと呼びます。また、畝全体に種を適当にばらまいてしまうやり方をばら蒔きと言います。ばら蒔きは種蒔き自体は楽ですが、種と種の間隔が確保しにくく、雑草管理にも手間取るのでお勧めできません。

ほうれん草の種蒔きは、浅めに、薄めに

畝が乾燥しているようなら、種蒔きの前に水をまいて湿らせます

蒔き溝の深さは浅く

蒔き溝は深さ3mm程度で十分です。あまり深いと発芽しないものが出て来ます。溝を用意するというよりも、蒔くための目印として、軽く線をつける、その線の上に種を置いていくというイメージです。
ほうれん草の種子は1mmにも満たない小さいものです。「覆土は種子の2~3倍の厚さで行え」と言いますが、まさにそのとおりの蒔き方です。

種同士の間隔を確保して

径が1mmにも満たないほど小さい種子を丁寧に扱いながら、用意した溝に筋状に蒔いていきます。
小さい種子なので難しいですが、種同士が重なり合ったり、部分的に集中してしまったりしないよう、密度を薄めに筋状に蒔いていきます。種同士の間隔1cm程度が理想的です。
種蒔き後は、種が隠れる程度に土を被せ、手やクワなどで表面を軽く押さえます。覆土するというよりも種の上に土を軽くばらまくイメージです。

不織布の活用-乾燥防止-

種蒔きの後に、乾燥を防止するために畝に不織布を被せます。そして不織布の上から水を与えます。
発芽して、苗が不織布を押し上げるようになったら、不織布をはずします。
不織布は一般的には、種蒔き直後や幼苗の保温・保湿や防風、防鳥などのために使用されます。空気や水を通し、日光も8割以上を透過します。
様々なサイズの不織布が販売されていますので、畝の大きさにあったものを使用するのがよいです。

Amazonより引用

ほうれん草の間引き-苗の込み具合に応じて-

気候にもよりますが、ほうれん草は種蒔き後、5日前後で発芽します。
発芽が揃って本葉が2枚の頃に、1回目の間引きを行います。株間が2~3cmになるよう、苗を間引きしていきます。
ほうれん草は直根性(注)の野菜です。残す苗の根を傷めないよう、ていねいに作業します。苗が混んでいたらピンセットなどを使用するのがよいです。また、間引きした苗を移植したりは出来ません。

直根性とは?
植物の根が分岐せずに、1本で土の中にまっすぐに伸びていくことを、直根性と言います。直根性の野菜は、根を痛めてしまうとうまく根付きません。
そのため直根性の野菜をポットなどで種蒔き・育苗し、それを畑に移植することは困難で、直蒔きを行う必要があります。
大根、ごぼう、ほうれん草などが直根性の野菜です。

その後、葉が大きくなり混みあってきたら、再度、間引きして、株間6cm程度になるようにします。
成長してくると簡単に抜き取ることが出来なくなります。このときは、はさみなどで根元から切り取るのがよいです。
間引いた苗は食することが出来ます。

追肥-成長にあわせて-

最初の間引きの時に、1回目の追肥を行います。
1㎡当たり30gほどの化成肥料を条間にまいて、土の表面を軽く耕します。

下の写真は9月末に種を蒔いて、2週間が経過したものです。既に1回目の間引き・追肥を終えています。このころから成長が加速してくるようです。

ほうれん草の草丈が10cm程度に成長した頃に、1回目と同様に2回目の追肥を行います。中耕は、既に葉が茂っており難しい場合は、しいてやる必要はありません。
下の写真は2回目の間引きと追肥が完了したときのものです。種蒔き後、3週間が経過しました。

ほうれん草の病害虫対策

秋まきの場合は、あまり害虫対策を気にする必要はありません。同時期に栽培するアブラナ科の白菜や小松菜などと違って、ほうれん草は害虫被害は非常に少ないです。
もし、アブラムシなどを見つけたら、すみやかに殺虫剤を散布するのがよいです。下の写真の殺虫剤は使用回数に制限がなく、さかさまにしても使用できるので、葉の裏側などに吹きかけたいときに楽に扱えるなど、使い勝手の良い殺虫剤です。
殺虫剤には使用上の注意などが詳細に記載されています。注意事項を守って使用してください。

Amazonより引用

また、ほうれん草のかかる病気にべと病(葉にカビが出来てしまう病気)があります。べと病は気温が10℃前後で、かつ、畑が多湿で風通しが悪い場合などに発生しやすい病気です。
ただ、ほうれん草の場合は抵抗性の強い品種が多く、このような品種を選べば、かなり防ぐことが出来ます。もし、部分的に黄変しているような葉を見つけたら、すぐに切り取りましょう。

ほうれん草の収穫-不織布で厳寒期の収穫も-

ほうれん草は、草丈が20cmほどに成長した頃が収穫時です。
抜き取って収穫してもかまいませんが、はさみなどを使って地際でカットする方法だと、残す株を傷めずにすみます。
下の写真は種蒔き後、1か月半が経過した状態のものです。そろそろ収穫の時期です。

品種や気候にもよりますが、ほうれん草は、種蒔き後、およそ1か月半程度で収穫を迎えられます。栽培期間が短いですので、時期をずらして種蒔きを行えば、長い間、収穫を楽しむことが出来ます。また、失敗してもやり直しが可能です。
ほうれん草は寒さに強い野菜です。が、厳寒期は葉が傷んでしまうことがあります。厳寒期に収穫したい場合などは、不織布をベタ掛けして管理するのが有効です。

ほうれん草のプランター栽培

ほうれん草はプランターによる栽培も可能です。基本的な手順や注意点は露地栽培の場合と同じです。
1条蒔きを前提に、深さ30cm、長さ60cm、幅20cm程度のプランターを用意します。

Amazonより引用

鉢底石を底に敷いて、専用の培養土で満たします。元肥は不要です。この時、培養土はよく湿らせておきます。
写真の培養土は、暖効性の肥料を含んでおり、肥料の効果を長く保ちます。また、重量も軽く、プランターなどの移動も容易に行えます。

Amazonより引用

種蒔きはプランターの中央に1列で行います。種は「浅めに、薄く」蒔いてください。そして日当たりの良い場所で管理します。
発芽直後の風の強い日は、風があたらない場所に移動させるなどして、苗を傷めないようにしてください。
間引きは露地栽培と同様、2回ほど行いますが、追肥は1回目の間引きが済んだ頃に、小さじに3~4杯の化成肥料を与えることで十分です。

是非この記事を評価してください!

(0)

野菜栽培歴4年

fnp2101

長期にわたって野放し状態で、雑草だらけだった畑の耕耘からスタートして4年、野菜栽培もようやく軌道に乗ってきました。発芽に失敗したり、台風や季節風、動物にやられたりと多くの失敗もありましたが、このような実体験をベースに、「失敗しない」野菜の育て方について、わかりやすく解説していきたいと思っています。

同じライターの記事

花・ガーデニングの人気記事

今人気の記事