search

初心者必見!ベイトリールの投げ方、使い方

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。 10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに…

誰もが1度は使ってみたいベイトリール
ですが、慣れが必要で中級者向けのリールです。
今回の記事では、そんなベイトリールを扱えるようになるための、ノウハウをご紹介致します。
扱えるようになれば便利なベイトリールを是非、使ってみましょう!

目次

  1. 初心者の登竜門ベイトリール
  2. ベイトリールとは
  3. ベイトリールの適している使い方は?
  4. ベイトリールを投げれるようになろう!
  5. サミングを覚えてバッククラッシュからおさらば!
  6. ベイトリールの投げ方をご紹介!
  7. バックラッシュしやすい状況や使い方
  8. 初心者おすすめのベイトリールをご紹介
  9. まとめ

初心者の登竜門ベイトリール


ベイトリールを使っているだけで上級者に見えてきませんか?
私は釣りを始めたばかりの頃は、ベイトリールがカッコよくて使いたくて仕方がありませんでした。
ですが、カッコ良いだけで購入してしまうと使いこなせなくて、
「なんだこれ?壊れた?」
って思ってしまうでしょう。
ベイトリールは構造上投げ方にコツがいるので、投げ方が分からないとバックラッシュしてしまいます。
また、ベイトリールの得意、不得意を理解していないと性能の半分も発揮できません。
今回の記事では、ベイトリールの使い方と投げ方をご紹介させて頂きます。
使いこなせたら、これ程便利なリールはありませんので、是非、マスターしましょう。

ベイトリールとは


写真のリールがベイトリールと言います。
リールの種類は大きく、スピニングリールとこのベイトリールの2種類が現在ではメインに商品として展開しております。
ざっくりご説明しますと、スピニングリールは細い糸で軽いルアーを投げる用でベイトリールは太い糸で重いルアーを投げる用です。
これはリールの構造上使い分けて作られています。
今回はこのベイトリールに着目してご紹介します。

ベイトリールの適している使い方は?

パワーフィッシング


先程もご説明しましたが、太い糸を使って大きく、重いルアーを投げるのに適しています。
通常、糸は太くなるにつれて硬くごわつくため、スピニングリールのようなスプールが固定されているものに巻き付けると投げて糸を放出する際に、糸がまとまって出てきてしまい、糸がらみの原因となります。
一方、ベイトリールの場合はスプール自体が回転する仕組みになっているため、太い糸を巻こうが糸の放出は回転に応じて一定の量が一直線に出ていくため、トラブルが起きません。
このため、ベイトリールは太い糸を容易に扱うことが出来るため、強引なパワーファイトが出来ます。

抵抗の大きいルアーを扱うのに最適


抵抗の大きいルアーを扱う場合、リールと釣り竿の距離が近ければ近い程、力が入りやすく、一定の力で巻き続けることが出来ます
写真のように、スピニングリールとベイトリールを比べると、一目瞭然ですね。

ベイトリール↓

スピニングリール↓


釣り竿に張り付くように設置されているベイトリールの方が力が入ります。
また、抵抗の大きいルアーはリールの心臓部分のギアに負荷が掛かります。
大きな負荷が掛かることを想定し、ベイトリールには大きく強靭なギアが組み込まれているため、力強い釣りにはベイトリールが適しています。

同じような間隔のポイントを狙い続ける場合


ベイトリールはルアーを回収してから次に繰り出す動作が短いので、テンポよく投げ続ける釣りには間違いなくベイトリールです。
スピニングリールはベールを起こしてラインを抑えてキャストした後に、ベールを倒して巻くという工程が掛かります。
単純な作業ではあるのですが、ひたすら一定の場所を狙い続ける川や池のアシ際を打ち続ける釣りでは不利になります。
それに比べて、ベイトリールはクラッチを切ってそのまま投げるだけです。
こういった場所はとにかく細かくきざむように短い間隔で投げ続けた方が釣果が上がります。
限定的な話ではありますが、日本の釣り場は小規模な所が多いため、かなり有効になります。

ベイトリールを投げれるようになろう!


ここまでのお話しを聞いていただければ釣りのローテーションにはベイトリールが必須なのはご理解いただけたかと思います。
ですが、問題なのが慣れないと投げにくいということです。

慣れないと起きるバッククラッシュ


ベイトリールで起きるトラブルでスプールが逆転して糸が絡まる現象バックラッシュというものがあります。
初めてバックラッシュを経験すると直すのが困難でイライラします。
さらには糸が折れてしまい、急激に強度が落ちてしまうのでバッククラッシュは良いことがありません。
このバッククラッシュが起きないようにするためにはどうすれば良いのか?
これからご説明します。

どうしてバックラッシュが起きるの?


ベイトリールは、リールのスプール部分の回転により糸が送り出されますが、糸の放出するスピードよりスプールの回転が速くなった時に、糸フケがスプール内に溜まってゴチャゴチャするのがバックラッシュです。
ですので、バッククラッシュを防ぐにはルアーの飛ぶスピードを同じ勢いでスプールを回転させることで解消されます。
バッククラッシュの起きているときは大抵、ルアーのスピードが何らかの原因で減速してしまい、スプールの放出に追いつかなくてバッククラッシュをしています。
ですので、スプールの回転を抑制するテクニックであるサミングを覚える必要があります。

サミングを覚えてバッククラッシュからおさらば!

サミングとはスプールに触れて糸の放出を抑制する技術です。
ベイトリールではこのサミングが重要で、バッククラッシュが起きない人はさサミングが出来ているからです。

サミングの方法


投げた後ルアーが着水する2メートル手前位を目安にして、親指の先でスプールのエッジ部分を軽く触れます
この感覚は慣れが必要で、初心者は投げてすぐにバッククラッシュする場合が多いため、軽く触れた状態で投げて糸が浮き上がってこないサミングを徐々に覚えていく練習から始めましょう。
常に触れ続けた状態から、徐々に離していって最終的に、着水直前だけサミングを行うようにできれば成功です。
こればっかりは練習あるのみですので、サミングを練習していきましょう。

ベイトリールの投げ方をご紹介!

では、先程説明したサミングがどのように行われているか手順に画像を合わせて見ていきましょう。

①クラッチを切る


親指の腹でスプールを抑えたままにしましょう。

②頭から45度程後ろへ傾ける


後方に人がいないか安全確認を忘れずに!

③そのまま90度程前へ振り下ろす


頭を通過した直後にスプールから指を放すのがコツです。

④しっかりルアーを目で追います

これが重要なポイントです。
ルアーが着水する瞬間にサミングが出来れば余計な失速をさせることがないので最大限の飛距離を出すことが出来ます。

⑤着水する2メートル上あたりを目安にサミングをします


サミングは親指の先でしましょう。
親指の腹で行ってしまうと、細かなサミングが出来なくなります。

サミングのコツは飛んでいるルアーの勢いを徐々に落としていくことです。
分かりにくいかもしれませんが、1秒かけてルアーを停止させて着水させるイメージです。
「シューーシュッ」って口で言うと意外に上手くいきますよ!

バックラッシュしやすい状況や使い方

①向かい風

向かい風でルアーの勢いが失速してしまうのでバッククラッシュが起きやすくなります。
いつもより力強く早く振りぬくことで風を切るキャストが出来ますが、高度な技術のため初心者の方にはおすすめしません。
この場合は重く空気抵抗の少ないバイブレーションなどのルアーに変更するか、ポイントを移動して追い風になる場所で釣りをしましょう。

②ルアーが軽すぎるか、空気抵抗が大きすぎるルアーを扱っている

ベイトリールは軽すぎるルアーは投げにくいです。
10~14グラム辺りが投げやすくおすすめです。

また、大型のブレードが付いているスピナーベイトなどは非常に空気抵抗が大きいため、ルアーの勢いが付きにくいです。
こういったルアーを扱う場合は投げる瞬間にバッククラッシュしやすいので最初から軽くスプールに触れると良いです

③ブレーキ設定が誤っている

慣れない頃はリールそのもののブレーキシステムに頼る方が上達の近道になります。
ブレーキは最初の頃はマックス状態で掛けると良いでしょう。
そこから徐々に慣れて来るに応じて、ブレーキを緩めて行きましょう。
ブレーキ設定については各メーカー、リールによって異なるため、購入した箱に説明が付いている筈です。

説明書を確認し、適正に調整しましょう。

初心者おすすめのベイトリールをご紹介

最後に、初心者におすすめのリールを2種類ご紹介します。
有名な2社から作られるそれぞれ優秀な機能が搭載されたリールですので、これからのリール選びの参考にして下さい。

ダイワ リール ジリオンSV TW 1016SV-SH


画像Amazon引用

初心者必見!SV(ストレスフリー)スプール搭載!

この商品はダイワ社が開発したバッククラッシュしにくい特殊なSV(ストレスフリー)スプールが搭載されています。
投げた直後から常に回転を抑制する機能が備わっていて、向かい風で投げてもバッククラッシュしにくいです。
指で失速させるのとは違い、微弱に一定に制御してくれるため、悪条件下では、むしろ飛距離が稼げる優れものです。
また、このリールは剛性が強いため、多少乱暴に扱っても壊れることはありません。
初心者に使って頂きたい1台です。

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 11 スコーピオンDC7


画像Amazon引用

もはやデジタル時代!デジコン機能!

このリールはデジタルコントロール機能が搭載されています。
人間がサミングをして調整するのとは違い、どのタイミングで、どれだけの制御をするかがリールに組み込まれています。
人間の感覚では補えないレベルの制御を行うため、無駄な制御が無く、飛距離が伸びます。
初心者には勿論、上級者にもおすすめの1台です。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
今回の記事を参考に、是非今まで扱えないと諦めていた方はベイトリールにチャレンジしてみてはいかがでしょう。
どんどん上達するであろう皆様の技術の知識の中に私の記事がきっかけとなって頂ければ幸いです。

是非この記事を評価してください!

(1)

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。
10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに注いできた。
三重県を拠点とし、狩りを行うようにバスを釣る。

同じライターの記事

趣味・ホビーの人気記事

今人気の記事