search

初心者でもできる棒編みの基本! 針の持ち方から編み方まで

ニッター歴30年以上の専業主婦

ごんママ

オーストラリアのヴィクトリア州にある片田舎(あの「ハヤブサ」が地球に帰還した場所の近く)へ文化交流研修という名のボランティアに参加。 日本…

ニット歴30年の主婦が教える「身につく編み物教室」へようこそ!
今回は棒編みの基礎についてご紹介します。

棒編みは、編み方から「難しそう」とカギ編みと違い敬遠されがちです。
でも、そんなことは無いですよ。基本を押さえれば意外と簡単に編めてしまいます。

だって、覚える編み方はたったの2種類ですから。
これさえ覚えれば、ほとんどの編み方ができてしまう、それが「棒編み」です。

棒編みに必要な道具の紹介と、基本である「作り目」さらに「表編み」と「裏編み」の組み合わせで編める模様編み「ゴム編み」について解説していきます。

目次

  1. クラフトセラピー
  2. ゴム編みとは
  3. 編み針のご紹介
  4. ゴム編みするならこの作り目がおススメ
  5. 棒編みの基本をおさらい

クラフトセラピー

毎日の空き時間で心をリセット


嫌なことがあった時、簡単なことで心が軽くなったら嬉しいですよね。
編み物は編むことに集中するので、その間もやもやした気持ちを忘れてしまうと言われています。
その効果は脳を活性化し、うつ状態が改善されるという報告があるほど。

この効果は「クラフトセラピー」と呼ばれ、編み物に限らず折り紙やDIYなど、クラフト作業全般で期待される効果です。
空いた時間に、1日の終わりに、気楽に始められる編み物で心をリセットしませんか。

ゴム編みとは

表編みと裏編みの組み合わせで作る編み模様

棒編み経験のある方でしたら、ご存知のとてもポピュラーな模様編です。
メリヤス編みと呼ばれる「表編み(写真参照)」と裏メリヤス編みと呼ばれる「裏編み(写真参照)」ができれば大丈夫。とても単純な模様編みです。

編み方はこの後で、説明します。
難しくないので、トライしてみてくださいね。


「ゴム編み」がよく使われているのはセーターの裾や袖口、首回り、靴下などです。
リブ編みとも呼ばれ、マフラーや帽子の模様編みとしてもよく使われます。

編み針のご紹介

棒編みは2本の編み針を使って編みます。
針の種類は大きく分けると三種類になります。

両先 両端が尖った針になっている編み針


2本組~5本組で売られています。太さは0号から、長さは15cmから揃って言います。

輪針 両針をコードでつないだ針


太さは0号から、長さはメーカーにより120cmまであります。

玉付2本針 片方に玉が付いている編み針


太さは0号から、長さはメーカーによりますが、短いので23cm長くても35cm程度です。

いつも初めて編む方には、目が落ちしない玉付をお勧めしています。
私は持ち運びに便利なので、輪針を愛用しています。
お出かけ先でも、空き時間に編みたいと思ったらコンパクトに収納可能な輪針はお勧めです。

ゴム編みするならこの作り目がおススメ

棒編みでは、最初に「作り目」という準備をします。
「作り目」とは、編み棒に最初に編むための「目」を編みつける事をいいます。

この「作り目」には、かなりの種類があります。
手芸本のレシピ内容によっては、編み始めの「作り目」が指定されている場合があります。
今回ご紹介する「作り目」は、そんなワガママな指定をされても対応可能な万能作り目です。

1. 指でかける作り目

ゴム編みから始める作品の多くは、「指でかける作り目」または「一般的な作り目」と指定されることが多いです。

まずは、もっともポピュラーな作り目「指でかける作り目」をご紹介します。
この作り目は棒針を2本使って作ります。
この作り目では糸で輪を作り、輪から延びる2本の糸を使って目を作ります。

糸端がある方を親指にかける事を頭に入れて、図のように編んでいってください。

人差し指の糸の方を主に使うため、逆にすると糸が途中で足りなくなります。

編む前に、どのくらいの目数を編むのか考え、糸の長さを決めます。

簡単な方法として、棒針に必要目数だけぐるぐる巻きつけ計る方法があります。

巻きつけた長さ̟に5cmくらい足した所が輪を作る目安になります。

1.指でかける作り目(図解)


1.編み針2本に輪を通し、右手で持ちます。
左手は左手の中指、薬指、小指でしっかり糸2本を握ります。

2.人差し指と親指を入れます。手前の糸は切れている方です。
右手で編み針2本を軽く引く感じで、糸がたるまないようにします。

3.右手で持った針で糸がたるまないよう引っ張りながら、人差し指は向う側の糸、親指は手前の糸を押すように広げます。

4.親指と親指を入れながら伏せていた手を起こし、親指を立てます。

5.手首を返すと、「指でかける作り目の左手の形」ができます。
右手人差し指を右目に添えると、安定しやりやすくなります。

6.右手人差し指を添えながら、針を左手親指の糸の間に下からすくうように入れます。

7.左手の中指、薬指、小指で糸をしっかり握ったまま、下かから人差し指の方へ引き上げます。

5.そのまま人差し指の左側糸にかけ、親指の糸の間に通します。

6.右針にかけた糸が抜けないよう、下に引きながら親指と人差し指を糸から抜きます。
左手の中指、薬指、小指で糸をしっかり握ったままです。

7.左手の中指、薬指、小指で糸をしっかり握ったまま、手の平を返し親指と人差し指を糸の間に入れます。

8.中指、薬指、小指で糸をしっかり握ったまま、入れた指を広げて目を詰めます。

.目が針から外れないように2本の糸を引きながら、1.に戻りまた人差し指と親指に糸をかけます。

10.必要な目数(見本は15目)の作り目をします。

11.出来上がったら棒針を1本抜き、編み始めます。

他に1本でやる同じ作り目があります。
しかし、1本だと作り目がきつく編みづらいので2本使いをお勧めします。

この作り目は棒編みの基本と言っていいほどポピュラーで、私も初めの頃はこの作り目だけで何でも編んでいました。

伸縮性もありセーターの裾、帽子、マフラーの編み始など多岐にわたり使用できます。

初めて編む方は、この作り目を覚えればほとんどの棒編みが可能になります。

編み物の本で「一般的な作り目」または「指でかける作り目」と、編み始めの説明があればこの作り目を指しています。

2.編み進む作り目

これから紹介する作り目は、「指にかける作り目」と違い糸1本で作ります。
手芸本でもあまり紹介されていない作り目です。

糸1本で作れるので、覚えれば簡単に作り目ができます。
裏と表があるためどんな編みにも対応できる万能作り目です。
棒編みに慣れてくると素早く作れるので、かなりお勧めの作り目です。

2-1.目と目の間に針を入れる作り目 表編み仕様(図解)


1.輪を作り棒針に通し左手に持ちます。

2.右針を左針の下に来るように、糸に通します。この方向は、表目側と言います。

3.糸をかけ、引き出します。

3.引き出した糸を引き抜きます。

4.右針の目を左に移します。

5.移した目の下(目の間)に表目側から針を入れます。 左針にある目に針は入れません。
右針は下、左針が上。

6.糸をかけ引き出します。針を入れた側とは逆の位置に針の位置が変わります。
右針が上、左針が下。

7.移したら、糸を引いて目を緩めに締めます。5.に戻って、必要目数だけ繰り返し編みます。

8.作り目の完成。

この作り目で、1目ゴム編みを編んでみました。
作り目側(編地下から)見たら、こんな感じになります。

この作り目も、小物からセーターなどにも使える万能な作り目です。
手芸の本で「指でかける作り目」や「一般的な作り目」と書かれていたら、是非この作りめで編んでみてください。

伸縮性もあるため、ゴム編みの作り目としても活躍します。
海外のニッターの間では、一般的な作り目(指でかける作り目)よりポピュラーな作り目になっています。

2-2. 目と目の間に針を入れる作り目 ゴム編み仕様

この作り目は「2-1.目と目の間に針を入れる作り目」のアレンジです。
ゴム編みをよりきれいに仕上げたいなら、ちょっとひと手間。
こちらの作り目に挑戦してみてください。

2-2.目と目の間に針を入れる作り目ゴム編み仕様(図解)

作り始めは「目と目の間に針を入れる作り目」の1.~7.までと同じです。
表目側から針を入れ表目裏目側から針を入れ裏目を作ります。

「目の間に表目側から針を入れ」編むのが表目の作り目

「目の間に裏目側から針を入れ」編むのが裏目の作り目

裏目の作り目(図解)

最初の2目は2-1.と同じです。

1.裏目側から針を入れ糸をかけます。

2.糸を引き抜きます。針の位置が変わることに注意。

3.左針に目を移します。糸を引き、目を詰めます。
次は表目なので2-1.に戻り、表目側から針を入れ、表目で編みます。
表目と裏目の作り目を組み合わせ、2目ゴム編み、1目ゴム編みの作り目に活用してください。
別鎖で編むゴム編みの作り目に比べ、簡単で下準備もいらないので断然お勧めです。

棒編みの基本をおさらい

「作り目」を覚えたら、さっそく編んでみましょう。
まずは初めて編む人のために、編み方を解説します。

初めて棒編みをする場合、編み糸の持ち方が分からず上手く編めず、座絶してしまったというお話をよく伺います。

私の娘も見よう見まねで始めたの良いけれど、糸の持ち方が分からず困ってました。
最初から指に糸をかけて、サクサク編める人なんていません。
簡単な方法を教えたら、悩みは即解決しました。

指使いに慣れるまで通称「アメリカ式」と呼ばれる、右手で糸をかける編み方をすると楽に編めます。
時間はかかりますが、手元が安定するので比較的きれいに編めるのでおすすめです。

表編みも裏編みも同じ方法で編みます。
違いは、針を入れる位置が前と後ろになる事です。

初めて棒編みをするときの編み方「アメリカ式」(図解)


1.表編みで説明しています。
慣れるまで、無理して糸を指にかける必要はありません。
左手は棒針の際あたりをしっかり人差し指と親指で挟むように持ちます。
右手は指先で針を持ち、表側から針を入れてください。

2.針を入れたら、左手は左右の針が動かないように持ちます。
親指で押さながら人差し指で両針を支える感じです。

右手は針から離し、糸に持ち替えます。
持った糸を右針にかけます。

3.右手で針に糸をかけたところ。

4.糸をかけたらそのまま、糸を針にかかるまで軽く引いてください。糸がたるまないようテンションを保ち、右針を持ちます。
ゆっくりと右針を引き、かけた糸を左目から引き抜きます。

5.糸が右針にかかったままになるよう、テンションを保ちつつ針を動かします。
左手人差し指の腹で、針の先を押すと上手く針が抜けます。

6.右針が左目を抜けるまで、左人差し指でフォローすると目が落ちません。

この様に慣れるまでは、1目ずつ確実に編んでいってください。
慣れてくると、この編み方でも早くなります。

7.この表編みだけで編むことを「ガーター編み」と言います。
編んだ目は、裏表ともこんな感じです。

裏編みは表編みに比べ、編みにくいと言われています。
初心者の方はガーター編みで練習すると、裏編みの時少し楽に編めるかもしれません。

表編み(図解)


1.表目側(左針の向こう側)から針を入れます。必ず左針が上、右針は下になります。

2.糸をかけます。

3.糸を手前に抜きます。この時針の位置が入れ替わります。右が上、左が下。
抜いた目が右針に移れば左針を抜きます。

4.表編みを5目編んだところ。
表編みの時、編み糸は後ろ側にきます。

5.表編み1段目。
作り目から編んだ面を通常「表」と言います。
これは編み目に関係ありません。

6.裏返すと「裏編み」になっています。
こちらは「裏」と言います。
「裏編み」は、こちらの段を編むときの名称です。

7.「表編み」をした表面です。メリヤスと呼ばれる編地になります。

棒編みでは、編み進めると編地が丸まることがありますが、気にせず編み進んでください。
仕上げの最後に、スチームアイロンで整えるとこの丸まる癖は取れます。

裏編み(図解)


1.裏目側(左針手前側)から針を入れます。裏編みは右針が上、左は下。

2.糸をかけます。

3.左目から糸を抜きます。この時表目と逆に針の位置が入れ替わります。
右に抜いた目が移れば左針を抜きます。

4.裏編みを5目編んだところ。
裏編みの時、編み糸は手前にきます。

5.裏編み1段目。表編みからトータル2段目になります。

6.「裏編み」側です。裏メリヤスと呼ばれる編地です。

最後に

棒編みの基本は、いかがだったでしょうか。
棒編みに必要な針の紹介と基礎である「作り目」「表編み」「裏編み」を解説しました。

「表編み」だけで編み続ける「ガーター編み」で練習をすると指の動きがスムーズになり編み方が早く身に付きます。
次回は代表的なゴム編みの編み方、編み終わった時の目の止め方をご紹介する予定です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

是非この記事を評価してください!

(1)

ニッター歴30年以上の専業主婦

ごんママ

オーストラリアのヴィクトリア州にある片田舎(あの「ハヤブサ」が地球に帰還した場所の近く)へ文化交流研修という名のボランティアに参加。
日本語と日本文化(書道と茶道と何故か墨絵)を公立学校で紹介。
語学はそっちのけ、ホームステイ先のママさんやテキスタイルの教諭から指導を受け、編み物と洋裁の技術を習得し帰国。
実践的編み方なのですぐ編めてすぐ使えるがモットー。ニット小物は使ってなんぼです。
帰国後編み物を続け、気が付けば30年以上編み続ける毎日。
最近はスグ編める帽子、バッグ、ヘアバンドなど小物を中心に誠意製作中。
現在は旦那と娘と愛犬二匹と首都圏の人口が多い田舎に棲息。
カラフルな海外の糸と編み図無しの「編み方だけ」、で編める作品を紹介していきたいです。
趣味は読書と編み物、それから犬。
Blogでこちらの記事と連動したコラムも書いてます。
海外メソッドを中心に動画やその翻訳、紹介もしてますので興味のある方は是非!
リクエストやご意見お待ちしてます。

同じライターの記事

手芸・ハンドクラフトの人気記事

今人気の記事