search

初心者必見!スピニングリール、ベイトリールの違い、特性

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。 10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに…

スピニングリールとベイトリールはそれぞれ使い分けることによって幅広い釣りが出来ます。
今回はリール別に長所と短所、起こりうるトラブルと対処法をご紹介致します。
今使っている道具が上手く飛ばないと思ったことはありませんか?
投げた瞬間に糸がグシャグシャになったトラブルはありませんか?
今回の記事でそんな問題をリールの性質を踏まえながら解消していきましょう!

目次

  1. リールとは?
  2. スピニングリール、ベイトリールの違い、特性を紹介
  3. スピニングリールの長所、短所
  4. スピニングリールで扱えるルアーと糸の太さ
  5. スピニングリールによくあるトラブル
  6. スピニングリールのバックラッシュの原因
  7. スピニングリールのバックラッシュを発生させない方法!
  8. スピニングリールのドラグ設定
  9. ベイトリールの長所、短所
  10. ベイトリールの扱えるルアーと糸の太さ
  11. ベイトリールによくあるトラブル
  12. ベイトリールのバックラッシュの原因
  13. ベイトリールのバックラッシュを防ぐブレーキセッティング方法
  14. ベイトリールのドラグ設定
  15. おさらい! スピニングリールとベイトリールを使い分ける
  16. まとめ

リールとは?

皆さんご存知かと思いますが、リールについてご説明させてください!

【リール】は釣り道具の1つで、画像のように糸を大量に巻いてあり、ルアーや仕掛けを遠くへ飛ばすためや、大物が掛った時に糸が切れないように糸を出して、魚を走らせて疲れさせたり出来ます。

私は、ブラックバスに役立つ情報を紹介させて頂いていますが、【リール】はどんな釣りにも使われる便利な道具です!
どんな魚種を狙っている方にも使うリールの種類は共通していますので、是非ご覧下さい。

スピニングリール、ベイトリールの違い、特性を紹介

リールの種類はスピニングリールとベイトリールの2種類です。
この2種類のリールはそれぞれ特性が違い、スピニングリール、ベイトリールを使い分けることによって、釣りの幅は大きく広がります!
それぞれの違い、特性を今からご紹介させて頂きます。

スピニングリールの長所、短所

長所

①ドラグ性能がベイトリールより優れているため、細い糸が扱える

スピニングリールの1番の長所は、優秀な【ドラグ】性能にあります。

ドラグとは?

ドラグは糸を守るための部品です。


リールから糸を送り出して、糸の強度以上の負荷が掛からないようにするために使われており、ベイトリールよりもスピニングリールの方が細い糸を扱うため、より高度な技術を施して作られています。

このドラグの性能がベイトリールより優れているため、細い糸を扱っても糸を切られずに、大きな魚を釣り上げることが出来ます。
そして細い糸を使えるので、軽いルアーにしっかり重みを乗せることが出来て、遠くへ飛んで行きます。

②初心者でも扱いやすい!

スプールの構造上、糸が出ていく時に技術を必要としないため、誰でも扱えます。

スプールとは?

スプールというのは、リール内の糸を巻き付けて確保しておく部品です。
この部分から投げる時に、糸が放出されます。
この部品もスピニングリール、ベイトリールで形が異なっています。

短所

①ベイトリール程、太い糸を扱えない

良くも悪くも、スプールの形が糸を出す時に制御なく出ていくため、太い糸だとごわついてトラブルに繋がるのでオススメしません。
また、太い糸が巻けないために重い大きなルアーは扱えません。

②ベイトリールより糸がヨレる

リールの構造上、糸を曲げてからスプールに巻き付ける仕組みのため、糸がスプール内でねじれてしまうので、引き抵抗の少ないルアーを投げる時は力み過ぎるとトラブルに繋がります。

スピニングリールで扱えるルアーと糸の太さ

ルアー

3グラム位から最大で14グラムまでで、引き抵抗の少ないものが良いでしょう。

これ以上軽いと投げれないことはないのですが、糸ヨレが頻繁に起こり、トラブルに繋がります。
これ以上重いと投げた時に糸が切れてしまう可能があります!

糸の太さ

3ポンドから8ポンドまでが投げやすいですね。
いたずらに糸を細くするのはNG!
糸が切れて魚にルアーを残してしまします。
最初は8ポンドから始めましょう。

スピニングリールによくあるトラブル

スピニングリールは投げるための構造がシンプルなため、初心者にもお勧めされています!
ただ、使い方を誤ると糸が逆転して起きるバックラッシュに繋がります。
ですが難しいことではなく、誰でも改善できます。
今から、スピニングリールにおけるバックラッシュの原因と、改善方法をご紹介いたします。

スピニングリールのバックラッシュの原因

スピニングリールのバックラッシュは、スプールの上糸が下糸を巻き込んで、固まって飛び出してしまう状態の事を言います。
どんな状態かと言いますと、こんな感じです…

このように、モジャモジャで出てきますんで直しようがありません…
スピニングリールのバックラッシュはベイトリールより直しにくいです…
何故、こんなことになってしまうんでしょうか?
バックラッシュの原因はスピニングのスプールの構造にあります。

スピニングリールのスプール

スピニングリールはスプールが縦に付いていて、回転して糸を放出しません。
ベールアームで糸の放出を抑制し、回転してスプールに糸を巻きつけます!

投げる時はベールアームを起こして、糸が完全にフリーの状態になります。

この糸が完全にフリーになることがバックラッシュの原因なんです!
ベイトリールはスプールが回転することによって糸がでる構造なので、糸のでる量が常に均一になります。

スピニングリールは糸の抑制がない分、上の糸がバラバラっと一気にまとめて飛び出てしまうから、下の糸が引っかかった時に一緒に連れてきていしまうんです。

これがバックラッシュのメカニズムです!
では、バックラッシュにならないためにどうすればよいのか?
今からご説明しますね!

スピニングリールのバックラッシュを発生させない方法!

実は、簡単なことなんです!
それは、糸のテンションを一定に保つことです!
どうしたら良いのかと言いますと、2つ方法があります!
1つはルアーの選び方です。
もう1つは投げ方です。

ルアーの選び方

軽いルアーで引き抵抗が少ないルアーを投げると、フワッとテンションが掛らない状態でスプールに巻かれます。
ずっと軽く、引き抵抗の少ないルアーだけを投げ続けるなら問題はありませんが、この状態で一気に何倍も重たく、引き抵抗の強いルアーを投げると糸が下に食い込みだしてバックラッシュになります。
なので、1つのタックルで投げるルアーは重さ、引き抵抗が近いルアーを選ぶと良いでしょう。

良い例

悪い例

投げ方

投げる力を制御すれば良いんです!
釣り竿を振りかぶる時に、糸に掛かる力はかなりのものです。
糸がピーンと張られて、スプール内の糸が一瞬ですが締め付けられて食い込みます。
この時に、ルアーの引き抵抗が強い物だけを使い続けているなら、それだけスプールにもかなりのテンションで巻き付けられるため、全力で振りかぶっても上糸が下糸の中に食い込むことがありません。

ですが様々な重さや、引き抵抗のルアーを投げるならば、スプールに均一にテンションが掛らないため全力で振りかぶると下糸の中に食い込みやすいです。

少しだけ飛距離が落ちるかも知れませんが、投げる瞬間の力がバックラッシュが起きる原因となりますので、力加減を7割位の力で投げる!って心がけましょう!

単純なことなんですが、この二点を意識して頂くと劇的にバックラッシュが減ります。

スピニングリールのドラグ設定

ここからはスピニングリールのドラグについて説明いたします。
画像と一緒に見ていきましょう!

スピニングリールのドラグはスプールの上部にあります。
↓これですね!

このドラグを左に回すと締まり、右に回すと緩みます。
スピニングの場合は写真のように釣り竿にセットされた状態で、糸を100度位の角度で引っ張ります!角度が急過ぎると、釣り竿が折れるんで角度を守って下さいね。
釣り竿が写真位に曲がった状態で、ゆっくり糸がジリジリ出る位がベストです!

ここまでが、スピニングリールの特徴と性質故のトラブルです。
トラブルにならないためにも、対策を是非ご参考下さい。
次にベイトリールです。

ベイトリールの長所、短所

長所

①スピニングリールより太い糸を扱いやすく、重いルアーの飛距離が伸びる

スプールが回転して、一直線に糸を巻き取るためヨレが発生しにくく、ごわつきやすい太い糸も難なく扱えます!
それ故、重い大きなルアーも扱いやすく、風を切るように遠くへ飛んで行きます。

②スピニングリールより正確なキャストがしやすい

スプールが親指の触れる位置にあるため、スプールの回転を親指で抑えて飛距離を調整しやすく、正確なキャストが出来ます!

短所

①スピニングリールとは違い、投げる技術が必要で練習しないと投げれない

回転するスプールを上手く指で押さえて制御しないと、糸が逆転して絡まるバックラッシュが起きます!

初めて買うリールにはお勧めしません。

②スピニングリールのように細い糸を扱えない

リールの構造上、スピニングリール程ドラグ性能が優れていないため、慎重なやり取りをしようにも出来ないため、糸が切れてしまうでしょう。
また、スプールにテンションが掛って糸が出ていくので、軽いルアーも向いていません。

ベイトリールの扱えるルアーと糸の太さ

ルアー

10グラムから30グラムまでがおすすめです!

太い糸次第で100グラムを超えるような重さも扱えますが、すごく重いものを投げる専用の釣り竿が必要になります。

糸の太さ

12ポンドから20ポンドまでがおすすめです!
こちらも同様、扱える上限は40ポンドまでなら何とか扱えますが、太すぎる糸は投げれるルアーを少なくしますのでおススメしません。

ベイトリールによくあるトラブル

ベイトリールのトラブルで多いのが、バックラッシュです!
勿論投げ方にもコツがいるので、中級者から使うことをおすすめしています。
ですが、ベイトリールにはバックラッシュを防止する便利なブレーキ機能があります。
今からご説明させて頂きますので、一緒に見ていきましょう!

ベイトリールのバックラッシュの原因


ベイトリールのトラブルで多いのは、間違いなくバックラッシュです。
慣れてくると回数が減るだけで、誰でも起こります!
バックラッシュのメカニズムはリールの構造にあります。

ベイトリールのスプール


ベイトリールは、リールのスプール部分の回転により糸が送り出されますが、糸の放出するスピードよりスプールの回転が速くなった時に、糸フケがスプール内に溜まってゴチャゴチャするのがバックラッシュです。

どうしたらバックラッシュはならない?

まずは、リールのブレーキのセッティングを合わしていくことから始めましょう。

ベイトリールのバックラッシュを防ぐブレーキセッティング方法

ベイトリールは2種類のブレーキがあります。
この2種類のブレーキを上手く合わせることで、バックラッシュはしにくくなります!
それでは、ブレーキセッティングをご説明致します。

①メカニカルブレーキ


メカニカルブレーキはスプールのシャフト部分に、直接圧をかけて回転を抑制します。

このメカニカルブレーキを緩めて、徐々に締めてスプール部分を左右に揺らしてカタカタ言わないギリギリのところに調整します。

②リール内の制御ブレーキ

このブレーキは各メーカーによって違います。
シマノ社のリールで多いのが、スプール回転時の遠心力でブレーキを掛ける遠心ブレーキ
ダイワ社のリールでは、磁石の力でスプールの回転にブレーキを掛けるマグブレーキがあります

画像はダイワのマグブレーキです。
どちらのブレーキも最初は最大の状態に調整します。
ここから投げる練習をして、慣れてきたら徐々にブレーキを緩めていきましょう。

マグブレーキ、遠心ブレーキ共に最大にしても、投げているときにバックラッシュが多い場合は、メカニカルブレーキを少しずつ締めて投げれるブレーキにしましょう。

ベイトリールのドラグ設定

ベイトリールのドラグ設定はスピニングとは全く異なります!
それでは見ていきましょう!

ベイトリールのドラグはハンドルの隣に付いています。
写真で見てみましょう!

これですね!
このドラグを前に回すと締まり、後ろに回すと緩みます。
ベイトリールは基本的にドラグはしっかり締めてください。
太い糸を使い、障害物周りを狙うルアーが多いため下手に緩めると障害物に潜られてしまう恐れがあるからです!
どうしても糸を出さないといけない状況では、リールのクラッチを切ってスプールを親指で抑えながら指でドラグのように糸を出しましょう。

ここまでがベイトリールの紹介でした!
パワーフィッシング向けのリールですので、一度使うとなくてはならない武器になるでしょう。
是非、リール選びの際にご参考下さい!

おさらい! スピニングリールとベイトリールを使い分ける

最後におさらいとして、もう一度これまでのご説明を振り返らせて頂きます!
スピニングリールとベイトリールを使い分けて、使って頂くことにより最大限のトラブル回避と釣果拡大に繋がると思います。

初心者の方のスピニングリールとベイトリールの使い分けはシンプルに!

重くて引き抵抗のあるルアーを扱う場合は、ベイトリールで太い糸を巻きましょう。
軽くて引き抵抗のないルアーを扱う場合は、スピニングリールで細い糸を巻きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今まで使っていたリールで上手く投げれない方も、すぐ糸がモジャモジャになってしまうのも、リール別にルアーを使い分けたり、投げ方を変えれば解決されることが多いと思います。

スピニングリールはドラグ調整がとても大事になりますので、今回の記事を参考にご自分のリールのドラグ設定を行ってください。

今回の記事を参考にしてリールの「トラブルが減った!」や「気持ちよく投げれるようになった!」と思っていただける方が増えたら幸いです!

是非この記事を評価してください!

(2)

情熱的ロコアングラー

人生サバイバー

小学5年生の時にバス釣りに出会い、生涯バス釣りに生きることを決意。
10歳から現在に至るまでの16年間、人より多くのブラックバスを釣ることだけに注いできた。
三重県を拠点とし、狩りを行うようにバスを釣る。

同じライターの記事

趣味・ホビーの人気記事

今人気の記事